楽曲分析(アナリーゼ)方法

スポンサーリンク
楽曲分析(アナリーゼ)方法

【ピアノ】理論知識ゼロでも楽曲分析に強くなる方法

♬ 演奏に活かせる楽曲分析(アナリーゼ)の始め方を知りたい ♬ 音楽理論の知識ゼロでもできる方法を知りたい ♬ ピアノに向かえない時間を有効に活用して学びたい こういった希望に応えるべく、この記事を書きまし...
楽曲分析(アナリーゼ)方法

【ピアノ】楽曲分析をオススメする理由

本記事では、 「楽曲分析(アナリーゼ)」をするとどんな利点があるのかについて お伝えしています。 以前から書いている通り、 「和声分析」自体は それほど意味のあるものではないと思っています。 しかし、 ...
楽曲分析(アナリーゼ)方法

【ピアノ】主要ラインの中にある「脇役の音」を見分ける

本記事では、 立体的な演奏をするための数ある考え方のうち、 メロディラインに関する点を取り上げています。 メロディラインと思われる音型が細かく動いている場合、 それらの音のカタマリの中から 「聴こえて欲しい音」 「響...
楽曲分析(アナリーゼ)方法

【ピアノ】エコーの表現を見つけよう

本記事では、 「エコーの表現」について解説しています。 様々な楽曲で見られる音楽要素ですので ぜひ学んでください。 本記事で取り上げている作品は パブリックドメインになっている作品です。 出版社が独自につけたアー...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】楽曲以外の分析もしよう

本記事では、 「ピアノ演奏に活かせる分析内容」 について話題にしています。 分析は、楽曲に対して行うだけでは不十分です。 演奏に活かせそうなあらゆることに対して 分析を行いましょう。 例えば、 「自身の演奏...
楽曲分析(アナリーゼ)方法

【ピアノ】小さな音型が作品を作っている

本記事では、譜読みの際の注意点を「音型」を例にお伝えしています。 先日、 【ピアノ】譜読みで「変わったリズム」を見かけたらすべきこと という記事でお伝えしたこととも共通するのですが、 「小さな音型が作品を作ってい...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】作曲家によるピアノレッスンを受けてみよう

本記事では、 たとえワンレッスンであっても 「作曲家の先生」からピアノレッスンを受けることの利点を お伝えしています。 初めに、 音楽大学の教育システムの話を例としてあげます。 音大の教授陣を見てみると ...
モーツァルト

【ピアノ】フレーズ同士の関係を見分けるヒント

本記事では、 「あらゆる時代の作品で使える、フレーズ同士の関係分析」 をお伝えしています。 フレーズ同士の関係分析では、 「対話関係を見つけること」 これが最も基本です。 具体例を見てみましょう。 楽曲...
楽曲分析(アナリーゼ)方法

【ピアノ】ワルツ : 楽曲分析の基礎

本記事では、 「ワルツの楽曲分析」に入っていく前の段階で 踏まえておきたい事項をご紹介しています。 ワルツには様々な作品がありますが、 比較的多くの作品に言えることがあります。 それは、 「ワルツは大体4小節単位...
入門者 / 初級者 / 初心者のために

【ピアノ】初心者でもできる楽曲分析方法④

本記事では、 「初心者でもできる楽曲分析方法」の第4弾を紹介しています。 第1弾、第2弾、第3弾は先日記事にしていますので、 あわせてご覧ください。 第4弾単独でも学んでいただけます。 記事の信頼性 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】ソナタを全楽章まなぶべき理由

本記事では 多楽章からなるソナタなどの楽曲において 全楽章まなぶべき理由を解説しています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取得しています。 ...
楽曲分析(アナリーゼ)方法

【ピアノ】フェルマータが書かれている理由を考えるべき

本記事では、 「フェルマータ」に焦点を当てて ピアノ演奏に役立つ音楽表現を探っています。 フェルマータは 初級用作品から上級用作品まで幅広く出てきますよね。 一つ質問です。 「どうしてそこにフェルマータが書かれて...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました