スポンサーリンク
ダイナミクス

【ピアノ】弱奏範囲内での到達点ダイナミクスのないクレッシェンドはやりすぎない

pp や p の中にある到達点のないクレッシェンドでは ダイナミクスが mf を超えるのはやりすぎです。 詳しくは、本記事をご覧ください。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。   ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】「2打点ひとカタマリ」の表現は、音価が長いときこそ注意

本記事は、 【ピアノ】タラタラ音型の音楽的な弾き方 という記事の補足的内容。 本記事単体でもお読みいただけます。 「2打点ひとカタマリ」とは 以下のようなもののことです。 モーツァルト「ピアノソナタ ...
連符

【ピアノ】メロディに3連符が続くときにギクシャクしないコツ

適切にグルーピングの考え方を取り入れると、 連符が続く場合でも ギクシャクせずに演奏できます。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 ショパン「エチュード Op.25-7」 ...
ダイナミクス

【ピアノ】sf を見た瞬間にハンコを押さない

本記事では、 sf を見たときにおちいりがちな表現の指摘と 表現のポイントを解説しています。 sf を表現するときに重要なのは 「その記号がどこの声部の強調を意図しているのか」 という視点です。 ...
オクターヴ

【ピアノ】片手で弾くオクターヴメロディで響きを充実させる練習方法

片手で弾くオクターヴユニゾンのメロディで 理想の響きを得るためには、 練習方法の工夫が必要です。 オクターヴユニゾンで奏されるメロディを 片手で弾くケースは よく出てきますね。 例えば、以下譜例の右手のよ...
アゴーギク

【ピアノ】エスプレッシーヴォとルバートの表現の共通点

重要な音と重要でない音をしっかりと見分けることが エスプレッシーヴォとルバートの表現にとって 欠かせない視点となります。 「ピアノ演奏おぼえがき」 著 : ハンス・カン  訳 : 城 房枝  / 音楽之友社 という書...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】自分の中で以前と比べて変わったことを整理しよう

日々音楽学習をしていると、 ちょっとずつ何か新しいことを知ったり ちょっとずつ何かが改善されたりしていく。 その内容を一度整理してみましょう。 我々が少しでも良い音楽ができるようになるために必要なのは、 神頼みをす...
ペダリング

【ピアノ】ペダルでバスをどこまで伸ばすかの実例解説

「ペダルでバスをどこまで伸ばすか」 ということは 音楽表現と直に結びついており、 重要な視点と言えるでしょう。 本記事では、 作品の断片を使って 楽曲理解をするところから含めて やや細かく解説をしていきます。 具...
書き込み

【ピアノ】繰り返しで少しだけ変わったところにはマーキングするに限る

「繰り返しで少しだけ変わったところ」 これが重要かつ、暗譜で足を引っ張るタネ。 譜読みのときにマーキングをして 目立たせておきましょう。 いざ暗譜をする段階になったらどうすればいいのか についても解説します。 具体例...
書き込み

【ピアノ】替え指をするタイミングを音価分割で書き込む

本記事では、 【ピアノ】替え指をするタイミングは決めておく という記事の補足として、 替え指をするタイミングをわかりやすく示す方法を解説しています。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。...
ペダリング

【ピアノ】1/4ペダルを活用すべき条件の3点セット

本記事は、 【ピアノ】濁ってしまうけど使うべき「つなぎペダル」を成立させる方法 という記事の補足的内容。 ペダルはONとOFFのスイッチではありません。 1/4ペダルのような微妙な加減を使いこなすことが 演奏に幅を与えてくれま...
テンポ関連

【ピアノ】楽曲中のテンポ変化を見据えたテンポ設定をする

「楽曲中のテンポ変化を見据えたテンポ設定をする」 という点に注意して 楽曲を大きく全体でとらえることが重要です。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 例1:J.S.バッハ「平均...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました