2024-03

スポンサーリンク
譜読み

【ピアノ】譜読みが終わった後に他版の運指を比較研究すると超有益

本記事では、 運指に強くなる学習方法のひとつについて 解説しています。 これから解説する学習方法は 本番までまだ時間がある場合しか出来ないものですが、 たいへん効果的な方法となっています。 やり方...
ペダリング

【ピアノ】モーツァルトの定番ロングトリルは、ハーフペダリングで

モーツァルトの定番の 「ロングトリル + アルベルティバス」 のところでは、 1/4ペダルを使うといいでしょう。 詳しくは、本記事をご覧ください。 「モーツァルトがしょっちゅう使う、定番のロングトリル」 と言って...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】指先の点感覚の磨き方

「指先の細い点で鍵盤をとらえる」 という指導を目や耳にすることもあると思いますが、 この感覚というのは 具体的にどのようなものなのでしょうか。 その感覚の磨き方も含めて解説します。 「ピアノ演奏おぼえがき」 著 : ハ...
ダイナミクス

【ピアノ】両手を同じくらいの強さで弾いても、聴こえ方は同じでない

「同じ力配分でも、ニュアンスによっては聴こえ方のバランスが同じでない」 ということを念頭に置いておくと バランスを取っていくうえで役に立ちます。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 ...
暗譜

【ピアノ】似たような音型では運指を統一すべきとはどういうことか

以前からたびたび触れているように、 似たような音型では できる限り運指を統一しておくと 混乱が生じないため 暗譜がスムーズにこなせます。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 ...
譜読み

【ピアノ】伸ばしているべき音を再打鍵しなければいけないときの対処法

ピアノという楽器では、 伸ばしていたい音があっても 再びその音がでてきたら 鍵盤を上げなくてはいけません。 ペダルも使えない場面での対処法を解説します。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用でき...
練習の継続方法

【ピアノ】毎日練習する自分で居続けるコツ

一度習慣にしたことを習慣から外さない。 そのためにも 多少ひどくてもいいので気をラクにして毎日続ける。 これを徹底すると たいていのことは 継続状態を維持することができます。 音楽学習や楽器練習を継続できていない方が...
運指

【ピアノ】替え指をするタイミングは決めておく

替え指をするときの注意点は 「タイミングを決めておき、それも、決まりのいいタイミングで替える」 ここにあります。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。  J.S.バッハ「平均...
J.S.バッハ

【ピアノ】バロックの演奏習慣を学べる、J.S.バッハ自身による有益教材

J.S.バッハ自身は、 一部の作品で 装飾音がない楽譜と 装飾音を付け加えた楽譜の2種類を 残してくれています。 J.S.バッハの組曲などの演奏を聴いていると 繰り返しをするときに 1回目は装飾なしで弾き ...
テンポ関連

【ピアノ】速度標語は、譜読みが終わった後に見直そう

譜読みが終わった後というのは 楽曲理解が圧倒的に深まっているため、 速度標語に関するとらえ方にも 変化が起きている可能性があります。 古典以前の作品など メトロノーム速度指示が書かれていない作品の場合は、 A...
小休憩(coffee break)

【ピアノ】音楽学習中の水分不足を何とかする方法

自身の環境にあうやり方で構いませんが、 学習中の水分不足に上手く対処できるよう トライしてみてください。 やり方のヒントを解説します。 日頃、デスクで 巨匠の仕事を見たり 音楽書籍を読んだり 楽譜を書い...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】音楽においても言葉の使い方は大きい

音楽を伝えるうえで 「言葉」というものに もっとこだわっていきましょう。 以前に、 ミロンガというジャンルをベースに作曲したピアノ作品を発表したときに 地方新聞の取材を受けました。 その内容のチェックを依...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました