2022-09

スポンサーリンク
J.S.バッハ

【ピアノ】「ヘミオラ」の音楽的な演奏方法

本記事では、 「ヘミオラ」について話題とし その音楽的な演奏方法の注意点をご紹介しています。 ヘミオラは「初中級〜上級」の教材まで幅広く出てくるので 一度、重要事項を整理して学んでおく必要があります。 記事の信頼性 ...
ドビュッシー

【ピアノ】「意外性のある挟み込み」を見抜こう

本記事では、 「楽曲分析(アナリーゼ)」として 「意外性のある挟み込み」を使った 音楽表現について話題にしています。 音楽を深く理解するための第一歩です。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】共通音を使った転調では音色に注意

本記事では、 初中級以降の楽曲では頻繁に出てくる 「共通音を使った転調」について話題とし、 演奏のポイントをお伝えしています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】演奏をプレゼンする機会の注意点 5選

「講評をもらえるタイプの演奏会に出る機会」や、 その他「演奏をプレゼンする機会」で 気をつけるべきことをまとめました。 主に、マナー的な内容です。 いわゆる「面接」の時の注意点と似ていますが、 さらに音楽寄りの内容も含みます。 ...
小休憩(coffee break)

【ピアノ】時間をかけて取り組むことの大切さ

本記事では、 小休憩(coffee break)として 音楽学校で実技試験の採点をしていて 感じることをお伝えしています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】「繰り返し」では弾き方を変えるべき?

「繰り返しでは、弾き方を変えましょう」 このような注意を耳にすることは多いはずです。 一方、ケースバイケースでもあります。 今回は、その「ケース」とはどのような場合なのかについて 解説しています。 記事の信頼性 ...
楽曲分析(アナリーゼ)方法

作曲家が低音保続を使う意図 4選

バロック〜近現代まで幅広い作品に出てくる「低音保続」の手法。 では、 作曲家は 「何のために」「どういった時に」 その表現を使うのでしょうか。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院...
演奏方法に迷いやすい記譜

più、meno、pocoがついた強弱記号の強さ関係

♬ più 、meno 、poco がついていると強弱関係がわからなくなる ♬ meno f 、poco f  は mf よりも大きい? ♬ 強弱の相対関係を一覧でながめたい 本記事ではこういった内容を網羅していま...
ドビュッシー

【ピアノ】メロディのみになるところの伴奏の消し方

本記事では、 伴奏がいなくなりメロディのみになる箇所の注意点をお伝えしています。 ポイントは「伴奏部分の消し方」。 今回は、中級者以上の方へ向けた内容です。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大...
ドビュッシー

【ピアノ】まとめ:テヌートのさまざまな使用例

本記事では、 演奏方法に迷いやすい記譜のうち 「テヌートのさまざまな使用例」 についてまとめています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取得し...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】楽曲の開始部分で注意すべきこと 2選

本記事では、 「楽曲の弾き始めで注意すべきこと」のうち 2つの重要ポイントを 具体例と共に解説しています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取...
オススメの楽曲

【ピアノ】単独レパートリーにもオススメの緩徐楽章 5選

♫ 緩徐楽章から、単独レパートリーにオススメの作品を知りたい ♫ さまざまな時代の作品からのオススメを知りたい ♫ アンコールピースを探している こういった希望にこたえます。 記事の信頼性 筆者は、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました