2022-09

スポンサーリンク
アゴーギク

【ピアノ】頑張っても拍に入らない細かい音符の演奏法

細かい音符がたくさん書かれていて、 「絶対、拍に入れるのムリ」 という箇所ってありますよね。 そういったパッセージを 違和感なくムリなく演奏する方法、お伝えします。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学...
J.S.バッハ

【ピアノ】ひとつのラインを両手で分担する際の注意点

「J.S.バッハ:インヴェンション」をはじめ、 初中級用の教材から出てくる ひとつのラインを両手で分担するテクニック。 その演奏注意点と、荒技的攻略法をお伝えします。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学...
ドビュッシー

【ピアノ】和音連続によるメロディ:演奏ポイント

ロマン派以降の作品で特に頻出する 「和音連続によるメロディ」。 今回は、その演奏ポイントを紹介しています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取得...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】メロディと短2度でぶつかる内声:演奏ポイント

大事なメロディを隠蔽してしまいがちな 短2度でぶつかる内声。 演奏ポイントを紹介します。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取得しています。 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】メロディの上をいく伴奏をバランスよく演奏するために

【ピアノ】左手にメロディがくる箇所の攻略方法 という記事を以前に書きましたが、 今回はその補足的内容となっています。 本記事単独でも学んでいただけます。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院...
J.S.バッハ

【ピアノ】「ヘミオラ」の音楽的な演奏方法

本記事では、 「ヘミオラ」について話題とし その音楽的な演奏方法の注意点を紹介しています。 ヘミオラは「初中級〜上級」の教材まで幅広く出てくるので 一度、重要事項を整理して学んでおく必要があります。 記事の信頼性 ...
ドビュッシー

【ピアノ】「意外性のある挟み込み」を見抜こう

本記事では、 「楽曲分析(アナリーゼ)」として 「意外性のある挟み込み」を使った 音楽表現について話題にしています。 音楽を深く理解するための第一歩です。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】共通音を使った転調では音色に注意

本記事では、 初中級以降の楽曲では頻繁に出てくる 「共通音を使った転調」について話題とし、 演奏のポイントをお伝えしています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】演奏をプレゼンする機会の注意点 5選

「講評をもらえるタイプの演奏会に出る機会」や、 その他「演奏をプレゼンする機会」で 気をつけるべきことをまとめました。 主に、マナー的な内容です。 いわゆる「面接」の時の注意点と似ていますが、 さらに音楽寄りの内容も含みます。 ...
小休憩(coffee break)

【ピアノ】時間をかけて取り組むことの大切さ

本記事では、 小休憩(coffee break)として 音楽学校で実技試験の採点をしていて 感じることをお伝えしています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】「繰り返し」では弾き方を変えるべき?

「繰り返しでは、弾き方を変えましょう」 このような注意を耳にすることは多いはずです。 一方、ケースバイケースでもあります。 今回は、その「ケース」とはどのような場合なのかについて 解説しています。 記事の信頼性 ...
楽曲分析(アナリーゼ)方法

作曲家が低音保続を使う意図 4選

バロック〜近現代まで幅広い作品に出てくる「低音保続」の手法。 では、 作曲家は 「何のために」「どういった時に」 その表現を使うのでしょうか。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました