インヴェンション入門! 第1番「全運指」公開

スポンサーリンク
本記事では、
インヴェンションに初めて取り組む方のために
J.S.バッハ「インヴェンション第1番 BWV772」
「全運指」付きで解説しています。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

インヴェンション入門に最適の楽曲

 

インヴェンションでは、

第1番、第4番、第8番、第13番あたりが

入門に使われる傾向にあります。

この中でも第1番は特に入門に適していると感じます。

理由としては、

♬「ハ長調」なので、多くの学習者が慣れている調性である
♬ テンポが速い楽曲ではないので、練習しやすい
♬ 有名な楽曲なので、知っている楽曲ということで練習しやすい
♬ 使われている対位法の技法が分かりやすく、技術的に困難な箇所もない

などが挙げられます。

 

「全運指」公開

 

この楽曲はパブリックドメインになっています。
出版社が独自につけたアーティキュレーションなど
権利に関わる部分は一切表示しておりません。
譜例はFinaleで作成したものです。

「全運指」を書き込みました。

これが唯一の方法というわけではありませんが、

多くの学習者にとってやりやすいものとなっているはずですので

学習の参考にしてください。

 

 の記号書き込んだ箇所は、

少なくとも作曲の観点からすると切るべきところです。

解釈次第では、もっと細かく切るべきところはありますが、

最低限の箇所として認識してください。

こういった切る箇所が変わると、

運指まで変わってくるのは当然ですよね。

もちろん、

ご自身で良い別の運指を思いついた場合は変更しても構いません。

 

あわせて読みたい参考記事:

【ピアノ】J.S.バッハの作品で、全ての音に運指を書き込んでみる

 

具体的な練習の仕方

 

練習のポイントを3点ほど挙げておきましょう。

インヴェンションのどの番号においても応用できる内容です。

 

♬ 片手づつピカピカにしてから両手で合わせてバランスをとる

 

こういった対位法でできている楽曲では、

それぞれの声部が「線」でできています。

「メロディに対して和音で伴奏をつける」

などといった楽曲と異なることは、楽譜を見れば明らかですよね。

 

したがって、

まずは片手だけで音楽を作ることが大切です。

そして、片手ごとにピカピカになったものを両手で合わせて

全体のバランスをとっていくといいでしょう。

難しいことを言っているようですが、

要するに、

「片手練習をしっかりしましょう」

ということです。

 

♬ 切る8分音符は跳ねすぎないこと

 

作曲当時の楽器の特性も考慮されてきた結果、

「J.S.バッハの作品における8分音符は切って演奏する」

このようにするのが慣例となっています。

少なくとも ’ マークを入れた箇所は必ず切りましょう。

 

しかし、

8分音符をピッとあまりにも短く切ってしまうのは厳禁。

それでは音楽の性格が変わってしまいます。

「テヌートスタッカート」のようなイメージで

置いていくように打鍵していくといいでしょう。

 

 

♬ プラルトリラーやモルデントは拍の前に出さないこと

 

バロックや古典派時代の作品に出てくる装飾音符は

「拍の前に出さずに、拍の頭と入りの音を合わせて素速く入れる」

このようにするのが慣例です。

J.S.バッハ「インヴェンション第1番 BWV772」の場合は

「プラルトリラー」や「モルデント」が該当します。

 

このような慣例がある理由には諸説あります。

それらのうちの一つとして

【ピアノ】モーツァルトのトリルの攻略法

この記事が参考になるでしょう。

「トリル」と「その他の装飾音」は区別すべきですが、

当時の慣例を知る手がかりとして

「演奏論」系統の書籍はマストです。

 

インヴェンションの解釈にお困りの方は

【ピアノ: 独学】ソナチネからショパンエチュード入門までのロードマップ

こちらの記事より、

「どうやって取り組んでいくか(オススメ教材など)」

という項目を参考にしてください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました