2022-01

アゴーギク

【ピアノ】アゴーギクを考える時の注意点

本記事では、 「アゴーギクを考える時の注意点」をお伝えしています。 アゴーギクは音楽エネルギーの流れに沿っていることが必要です。 曲想を考えるときは 「そこをどうしたい」という考え方でもいいのですが、 「前から流れてき...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】弾きこむことの重要性

本記事では、 仕上げの過程における「弾きこむことの重要性」をお伝えしています。 ピアノ教室にレッスンに行ったり、 また、独学の方は参考書などを読むことも大事。 一方、 取り組んでいる楽曲を暗譜するくらいの ...
アゴーギク

【ピアノ】長めにとどまるアウフタクト音の弾き方

本記事では、 「引き伸ばされたアウフタクト音の弾き方」について、 注意点を解説しています。 具体例として、 ショパン「ノクターン第2番」 一番初めの1音を思い出してみてください。 このアウフタクト(弱起)の8...
譜読み

【ピアノ】楽譜の不完全さを知っておこう

本記事では、 「楽譜の不完全さ」をテーマに「譜読み」について学びます。 「譜読み」に鋭くなるためには、 「楽譜(五線記譜)というものの不完全さ」 を知る必要があります。 「音程」や「リズム」は比較的書き表せます...
ピアノ関連書籍レビュー

【ピアノ】ラヴェルを学ぶための心強い味方

本記事では、 ラヴェルのピアノ作品を学ぶための 非常に信用できる教材を紹介しています。 ペルルミュテールという、 ラヴェルに直接師事したピアニストがいます。 ペルルミュテール自身が校訂したラヴェルの楽譜が 音...
運指

【ピアノ】同音連打における指遣い

本記事では、 同音連打をする際に どんな運指を使うべきかを解説しています。 同音連打については初歩学習の段階で 「321321...と指を変えること」 と習うケースが多いようです。 基本としてはokです。 ...
初心者のために

【ピアノ】初心者でもできる楽曲分析方法④

本記事では、 「初心者でもできる楽曲分析方法」の第4弾を紹介しています。 第1弾、第2弾、第3弾は先日記事にしていますので、 あわせてご覧ください。 第4弾単独でも学んでいただけます。 音楽理論を知らなくても出来る楽曲分析...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】弾き始めは手首でカウントをとらないで

本記事では、 演奏姿にも大きな影響を与えてしまう 改善すべきクセについて解説しています。 「楽曲の弾き始め(の直前)は手首でカウントをとらない」 該当する方は これを改善してみましょう。 よくみられる改善すべきクセで...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】自分が深く掘り下げたい分野を見つけよう

本記事では、 自分が深く掘り下げたい分野を見つけることの重要性を お伝えしています。 比較的多くのピアノを弾く方が、 遅れないためだけに 何か新しいものを探しているように感じます。 それも重要ですが、 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】「正しい弾き方」って何だろう?

本記事では、 弾きたいように弾くことの重要性をお伝えしています。 演奏解釈をしていると、 「勝手に考えたこと」だといわれたりもします。 しかし、 「勝手に考えたこと」がゼロになってしまったら、 演奏は1種...
トリル

【ピアノ】「トリルを入れる速さ」の重要性

本記事では、 意外と見落とされがちな 「トリルを入れる速さの重要性」について解説しています。 「トリルを入れる速さ」も、音楽解釈の一つ。 「速いトリル」 「ゆっくりのトリル」 「だんだんと速くしていくトリル」 など、 ...
ピアノ関連書籍レビュー

ゆっくり学びたい方向け!ピアノ練習参考書「ピアニストへの基礎―ピアノの詩人になるために」のレビュー

本記事では、 丁寧な解説でゆっくり学びたい方に最適の著書 「ピアニストへの基礎―ピアノの詩人になるために    田村 安佐子 著(筑摩書房)」 について解説しています。 「ピアニストへの基礎―ピアノの詩人になるために」とは...
タイトルとURLをコピーしました