初めての方へ

どんなサイトなの?

岸田由美が運営している、

クラシックピアノを中心とした、

大人のための独学用Webピアノ教室。(ブログ版)

対象者は、

「入門が終わった段階(ソナチネ導入程度)から上級者」です。

「楽典の基礎の基礎はすでに理解できている方」
「譜例と文章で学んでいける年齢の方」

を対象としています。

 

Youtube「岸田由美-大人のための欲張りピアノ-」で公開している

「【30秒で学べる】シリーズ」のスクロール動画を

「ブログ文章で学べるようにした教材」を投稿しているほか、

「このサイト独自のコンテンツ」も続々追加しています。

「カテゴリー」でテーマ別にまとめていますので

ご希望の内容を見つけてみてください。

独学でレベルアップしたい方を全力で応援します。

 

(ウェブ上で使用している譜例は、全てパブリックドメインになっている作品を使用しています。
運営者自身がFinaleで作成したもので、
ここでも出版社が独自につけたアーティキュレーションなど
権利に関わる部分は一切表示しておりませんので、安心してご覧ください。)

どうして「大人のため」なの?

本サイトの考え方の根幹をなす重要部分です。

あえて「大人のための」と記載したのには理由があります。

ピアノ教育の現場にいると、

「子供は吸収が速い」「子供は記憶力が良い」

こういった事を良く耳にします。

この考え方が本当なのかはさておき、

大人のあなたがピアノの練習において現状突破するには、

「子供に無くて大人が得意なこと」

を考えてみると良いと思います。

さて、少し考えてみればすぐにわかりますね?「日本語力」です。

あなたは、子供の何倍もの期間生きてきて沢山の言葉を知っているはずです。

そこで、ノウハウを言葉で理解して戦略的に練習に取り組んでいくという観点で、

日本語力という大人の最大の武器をフルに活用するべきです。

大人は頭で考えながら練習することができます。

「音楽は感覚でするものでしょう?」

というのも一理なくは無いですが、

鼻息荒く感情だけ入れていても上達は見込めません。

プロフェッショナルのピアニストの方たちは

音楽誌のインタビューなどで時折練習方法を公開しますが、

指の角度、姿勢、更には打鍵した鍵盤自体の戻る力がどれくらいかかっているのか、

など本当に頭を使っています。

言葉で様々なノウハウをご紹介し、

それを日本語として理解した上で実践して頂きたいという思いから、

タイトルにあえて「大人のための」と記載しています。

このサイトで学べること

さまざまなピアノ曲の「演奏解釈」
作曲の観点から「曲がどうできているのか」を掘り下げた「楽曲分析」
表現したい内容から逆算して学ぶ、ピアノ演奏におけるテクニック

など

岸田由美について

Amazon kindleで「大人のための欲張りピアノ」シリーズ、3年半で約200冊以上執筆、販売中。
音大院修了(作曲科)。ピアノ曲の演奏解釈が専門。
演奏技術の解説はもちろん、作曲の観点から「曲がどうできているのか」深掘り解説をしています。

タイトルとURLをコピーしました