【ピアノ】転調の分析で読み取るべき内容

スポンサーリンク
「○○durへ転調した」「○○mollへ転調した」
という事実を知って満足するだけでは
演奏には活かせません。
詳しくは、本記事をご覧ください。

 

楽曲分析では

「どこの調に転調したか」

ということも分析することがあります。

 

まず、転調には大きく2つに分かれます。

◉ 調号が変わる転調
◉ 調号が変わるほどではない一時的な転調

後者は、広義では「転調」ではありますが

「部分転調(調性の拡大)」というほうが正確。

 

「調号が変わるほどではない一時的な転調」は

やや音楽理論の知識が必要になる分析なので

今回は割愛します。

「調号が変わる転調」は

調号さえ見れば

どこの調へ転調したのかは判別できますね。

(例 : #が2つ付いているのであれば、D-durもしくはh-moll)

 

一方、問題となるのはその先。

楽曲分析をするときは、

 「○○mollに転調した」 などと

事実だけを知るだけで終わりがち。

しかし、

それによって「音色」や「濃淡」や「レジスター(音域)」が

どう変わったかを知ることで

はじめて演奏に活かせます。

 

例えば、F-durからDes-durに転調したとしましょう。

結果、全体の響きは明らかに柔らかくなります。

それを感じ取って、

「ここでは、薄くソフトペダルを添えてみようかな」

などと思うかもしれません。

 

また、

転調の結果「レジスター(音域)」が全体的に低くなったとします。

その場合、

「倍音で濁りやすくなったから、ダンパーペダルの使い方に注意しよう」
「落ち着いた雰囲気を出したいところだな」

などと、演奏方法や解釈に結びついてくる可能性が出てきます。

 

繰り返しますが、

 「○○durへ転調した」「○○mollへ転調した」

という事実を知って満足するだけでは

演奏には活かせません。

「それによって変化された要素」を調べる必要が出てくるのです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました