【ピアノ】「subito pp」では「音色」を意識しよう

スポンサーリンク
subitoでダイナミクスを変える表現では、
「音量変化」意外にも「音色変化」が大事。
特に「弱音へ変化させる場合」について解説します。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

「クレッシェンドしてからの subito pp 
「 fff からの subito pp 

など、

「subitoでダイナミクスを弱める指示」

はよく出てきます。

これらの意図は

単に音量を下げるのではなく、

「音色を変えて、というメッセージ」

と考えてみると

うまくいくところが多い。

 

例えば、以下のような例です。

 

エルガー「愛のあいさつ」 

譜例(PD作品、Finaleで作成、33-35小節目)

この例では、

「クレッシェンドしてからの subito pp 

に該当します

 

「音量の大きい小さい」

だけで音楽をコントロールしてはいけません。

「音色」も大きなポイント。

ピアノという楽器は

◉ 大きくても柔らかい音
◉ 小さくても硬い音

これらも出せるからです。

 

◉ 打鍵距離
◉ 打鍵角度
◉ 打鍵速度

この3つのコントロールが

音色を多彩にする秘訣だということは

具体例も交えて

これまでに何度も記事にしてきていますよね。

 

あなたの音楽世界の中に

もっともっと強く「音色」という考え方を浸透させましょう。

「音色が多彩になれるかどうか」

これが

中級者から上級者への橋渡しになる

とても大きな要素です。

 

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました