【ピアノ】急激に強弱変化するのがクラシックの特徴

スポンサーリンク
本記事では、
「ダイナミクス表現の重要性」
「subito表現の重要性」
について、
他ジャンルとの比較を交えながら
解説しています。

 

先日、知人のポピュラー分野のギタリストが

以下のようなことを言っていました。

「クラシックの編曲ものにギターで参加することがあるけど、
ポピュラーではあまりでてこない表現の差を感じる部分は、
急激に強弱が変わるところ。」

 

確かに、

ポピュラー分野の多くの楽曲では

「録音」「生演奏」関係なく、

かなり音圧を上げているために

「音量のいちばん大きいところといちばん小さいところの差は、それほどない傾向にある」

と言ってもいいでしょう。

一方、クラシックでは

ppp 〜 fffという幅がありますし、

楽曲によってはもっと差をつけますよね。

クラシック作品の録音を聴いているときに、

以下のような経験をしたことはありませんか?

 

「 ppp のところがよく聴こえなくて音量を上げたら、

その後に fff のところで大爆音がして驚かされた」

 

特に車の中などの雑音が多い環境で

ダイナミクス変化の激しいクラシック作品を聴くと、

こういった目にあいます。

 

なぜ今回の話題を取り上げたかというと、

特にクラシック音楽では

◉ subito表現
◉ その他、ダイナミクス表現全般

これらがそれだけ重要であるということを

強調したかったからです。

「クラシック分野の特徴のひとつ」

というわけですね。

 

ダイナミクスというのは

我々が思っている以上にハッキリと差をつけないと

聴衆には変化が伝わりません。

今一度、このことを再認識して

次の作品へ向かいましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました