【ピアノ】スフォルツァンドの解釈

スポンサーリンク
sf(スフォルツァンド)」の意味は
ただ一つだけではありません。
ドイツでの音楽教育の内容も踏まえて
その内容をまとめていきます。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

sf(スフォルツァンド)は

一般的な意味としては

「その音を、前後にくらべて強く(強調する)」

となっています。(楽典―理論と実習  石桁真礼生 著(音楽之友社)より)

しかし、以下のような意図で書かれる場合もあります。

「そこから空気を変えたい」
「そこからフレーズを新しくしたい」

したがって、

sf を見かけたときに

「ただ強調したいのかどうか、それとも…」

などといった意図を読み取る必要がありますね。

 

加えて、

特に ”ドイツ” のきちんとした音楽教育機関では

sf はダイナミクスを一段階上げる」

という指導をすることが多いのです。

fff が初めて用いられたのは

ベートーヴェン「交響曲 第7番」の中だと言われています。

それまではまだ fff が無かったですし、

ベートーヴェンの他の作品を見ても

ff sf」でfff を表現しています。

ポイントとしては、

sf を何でもかんでもff fff のように演奏してしまわないこと」

これが重要です。

sf を見ると、とにかく思いっきり強調して

「びっくり箱的表現」をしてしまいがち。

しかし、

楽典―理論と実習  石桁真礼生 著(音楽之友社)

の中にも以下のように書いてあります。

f の中で用いられた sf は ff ぐらいに奏する必要があろうし、
p の中で用いられた sf は mp か mf ぐらいに奏するのが普通である。

の中で用いられたsf ff fff のように弾くのは

余程の意図がない限り避けておいた方がベターです。

びっくり箱的表現は fp や ffp で表現されます。

 

著者の石桁真礼生氏は、やはりドイツ系統の方です。

ヒンデミット → 下總皖一 → 石桁真礼生

この流れの知識で書かれたのが、この書籍。

 

ダイナミクス記号の解釈については

以下の記事も参考にしてください。

【ピアノ】ダイナミクス記号の解釈

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました