音色

スポンサーリンク
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】共通音を使った転調では音色に注意

本記事では、 初中級以降の楽曲では頻繁に出てくる 「共通音を使った転調」について話題とし、 演奏のポイントをお伝えしています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 ...
ドビュッシー

【ピアノ】まとめ:テヌートのさまざまな使用例

本記事では、 演奏方法に迷いやすい記譜のうち 「テヌートのさまざまな使用例」 についてまとめています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取得し...
演奏方法に迷いやすい記譜

【ピアノ】どういう意味?ひとつの音符の上に書かれた松葉

本記事では、 演奏方法に迷いやすい記譜のうち 「ひとつの音符の上に書かれた < > 」について解説しています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】細かいパッセージの途中で「音色」を変える方法

本記事では、 「楽譜に書かれていないスタッカートを許される範囲で入れてしまうテクニック」 をお伝えしています。 長く続く細かいパッセージの途中で「音色」を変えたければ、 途中から手でスタッカートにしてしまう方法もアリです...
スタッカート

【ピアノ】その意図は?スタッカートとペダルの同時指示

本記事では、 演奏方法に疑問が発生しがちな記譜のうち、 「スタッカートとペダルの同時指示」について解説しています。 これまでに解説してきたことの「復習+追加項目」となっています。 楽譜を見ていると、 譜例のようにメロデ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】脱!メロディが聴こえない演奏

本記事では、 「メロディが聴こえない演奏」 を脱するためのアドヴァイスをしています。 先日、 「【ピアノ】メロディが埋もれてしまっている演奏は多い」 という記事を書きましたが、その補足的内容です。 まず第一に、 メ...
ペダリング

【ピアノ】ソフトペダルを使うべき箇所

本記事では、 「ソフトペダルを使うべき代表的な箇所」を解説しています。 無闇に使用するのは良くありませんが 効果的に使うことで、 演奏に「色彩」や「距離感」を出すことができます。 一般的に「ソフトペダル」は 「音色を変え...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】片手のみになる箇所の難しさ

本記事では、 「片手のみになる箇所」の難しさと、 その解決方法を解説しています。 中級者以上に向けた内容です。 ベートーヴェン「エリーゼのために」 の冒頭などもそうですが、 楽曲の冒頭や途中で ふと片手だけ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】「ハープっぽい音を出して」と言われたら

本記事では、 ピアノの音を使ってハープようなサウンドを表現する方法を お伝えしています。 ピアノの先生に 「ここはハープっぽい音を出して」 などと言われたり、 独学の方は、 「ここはホルンっぽい音で弾き...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】親指の打鍵の送り込み方

本記事では、 「親指の打鍵」に関して重要ポイントをご紹介しています。 本来、 「表現が苦手な "親指" を使いすぎていないかどうか」 これはチェックポイントになってきます。 以前に放送されていたTV番組、 「スー...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】「手の交差」をするときに気をつけるべき2点

本記事では、 「手の交差」をするときに気をつけるべきことを 取り上げています。 「手の交差」は、 スカルラッティなどのバロックはもちろん、 近現代に至るまで様々な作品で頻出するテクニックです。 演奏で...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】気持ちを込めて演奏すると音は変わる?

本記事では、 気持ちを込めて演奏することを推奨しています。 「気持ちを込めて弾く」 これは重要なことのようでいて、 それがどのように演奏に反映するかは 割と曖昧になってしまっています。 気持ちを込...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました