音色

スポンサーリンク
ペダリング

【ピアノ】ソフトペダルが弱音ペダルではないことが分かる例

本記事では、 ドビュッシーの作品を例に 「音色を変えるためのソフトペダルの見分け」 について解説しています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(...
演奏方法に迷いやすい記譜

【ピアノ】どうする?ニュアンスが不統一のオクターヴユニゾン

本記事では、 演奏に迷いやすい記譜として 「オクターヴユニゾンのニュアンス不統一」 について判断方法を解説します。 細かなことですが、 上のレヴェルを目指すにあたっては 必ず踏まえておくべき内容となっています。 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】「subito pp」では「音色」を意識しよう

subitoでダイナミクスを変える表現では、 「音量変化」意外にも「音色変化」が大事。 特に「弱音へ変化させる場合」について解説します。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】出し終わった音にも責任を持とう

音を出し終わったら もうその音に対して無意識になっていませんか? 「”脱!出しっぱ” のススメ」が本記事の内容です。 (中級者以上向け) 【本記事の結論】 ◉音を聴き続けることで「音色」に次の音との関連性を持たせないと、フ...
ドビュッシー

【ピアノ】一番初めの単音に命をかけよう

本記事では、 楽曲における「一番初めの単音の重要性」 についてお伝えしています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取得しています。 また、...
ペダリング

【ピアノ】「遠くで」と書かれていたらどうすればいい?

本記事では、 「音の奥行き(距離感)を出す方法」のうち 基本的な事項を解説しています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取得しています。 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】上手な人はバランスに敏感

本記事では、 ピアノ演奏においてバランスを意識することの大切さ をお伝えしています。 入門が終わった段階の方にはぜひ意識していただきたい内容です。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲...
ドビュッシー

【ピアノ】高音域のパッセージをいつもキラキラ弾かないで

本記事では、 「その楽曲にふさわしい音色とは?」 をテーマに 高音域のパッセージの音色について考えます。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取得...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】共通音を使った転調では音色に注意

本記事では、 初中級以降の楽曲では頻繁に出てくる 「共通音を使った転調」について話題とし、 演奏のポイントをお伝えしています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 ...
ドビュッシー

【ピアノ】まとめ:テヌートのさまざまな使用例

本記事では、 演奏方法に迷いやすい記譜のうち 「テヌートのさまざまな使用例」 についてまとめています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取得し...
演奏方法に迷いやすい記譜

【ピアノ】どういう意味?ひとつの音符の上に書かれた松葉

本記事では、 演奏方法に迷いやすい記譜のうち 「ひとつの音符の上に書かれた < > 」について解説しています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】細かいパッセージの途中で「音色」を変える方法

本記事では、 「楽譜に書かれていないスタッカートを許される範囲で入れてしまうテクニック」 をお伝えしています。 長く続く細かいパッセージの途中で「音色」を変えたければ、 途中から手でスタッカートにしてしまう方法もアリです...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました