2024-05

スポンサーリンク
譜読み

【ピアノ】無表情の表現を読み取る

無表情に演奏したほうがいいと感じる部分は その感覚を大切にしましょう。 音楽演奏では すべてがすべて 表情過多になる必要はありません。 多くの作品では 表情をしっかりとつけたほうが 魅力的に聴こえます。 ...
譜読み

【ピアノ】和音の響きを際限なくする方法

和音の響きを多彩にするためにできるのは、 ペダリングの工夫のみではありません。 和音の各音のバランスに目を向けることで もっと多彩にすることが可能です。 和音の中のどの音をどれくらい聴かせて どの音をどれくらい隠す...
スタッカート

【ピアノ】ハノンをスタッカートで練習するのではなく、スタッカートをハノンで練習する

目的が「ハノンを終わらせること」にならないよう、 本記事のように ハノンを逆に活用する機会を探ってください。 ハノンなどの基礎練習をするときに リズム練習やアーティキュレーションの変奏を 取り入れることもあるか...
運指

【ピアノ】取り組むすべての作品が運指の教材になる

取り組むすべての作品が運指の教材だと思って 向き合うと やたらに学びとれる情報が増えます。 【ピアノ】運指に鋭くなるためには曲数をこなすことも必要 という記事でも書いたように、 市販の楽譜へ書かれている運指に ...
譜読み

【ピアノ】隠れ多声メロディを見つけて、多声的に演奏する②

本記事は、 【ピアノ】隠れ多声メロディを見つけて、多声的に演奏する という記事の補足的内容。 本記事単体でもご覧いただけます。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ...
小休憩(coffee break)

【ピアノ】なぜ、読んで学ぶのは辛くも為になるのか

文字ベースの情報から学ぼうとするのって、能動的な行為。 一方、音声を聴くのは どちらかと言うと受動的な行為です。 このWebメディアは、基本文字ベース。 正直、文章を読む人がここ数十年で激減しているのは確かなのですが...
小休憩(coffee break)

【ピアノ】気になっている人物へどんどん話しかけてみよう

音楽をやっている方やそうでない方も含めて 気になっている人物へどんどん話しかけてみましょう。 明るく話をすれば、その後の交流が生まれます。 【ピアノ】職場の音楽好きへの近づき方 という記事で書いたように、 ...
装飾音

【ピアノ】拍の前へ出さない装飾音は、もう一方のパートが休符のときに要注意

拍の前へ出さない装飾音を演奏するときの 意外な落とし穴を解説します。 演奏論などの専門書にも書かれていますが、 バロックや古典派の作品の装飾音は 基本的には「拍の前へ出さない」のが慣例。 一方、これ...
譜読み

【ピアノ】なぜ、音価を正しく読み取るところから始めるべきなのか

譜読みにおいて 音価を正しく読み取ることから始めるべき理由を、 具体例とともに簡潔に解説します。 【ピアノ】同音を反復するときに、何でもかんでもスタッカートにしない という記事などで 少なくとも、譜読みをする初...
選曲

【ピアノ】「弾けるようになる」以外の目標をもてる作品を、1曲やってみる

難しい憧れの作品に挑戦するばかりにならず 「弾けるようになること以外の目標をもてる作品を、1曲やってみる」 これを意識してみてほしいと思います。 多くの方の悩みを耳にしていると、 悩みのほとんどは 目の前の作品...
小休憩(coffee break)

【ピアノ】自分のコンプレックスを他人に押し付けない

自分のコンプレックスを押し付けるような形で 特定の作品や演奏について否定するのは せめて自分の心の中だけの出来事にしておきましょう。 「ああいう演奏は好きじゃない」 などという話を耳にすることがあります。 例え...
譜読み

【ピアノ】同音を反復するときに、何でもかんでもスタッカートにしない

ピアノという楽器の特性上、 同音を反復するときにスタッカートにしてしまいがちですが、 これには注意が必要です。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 モーツァルト「ピ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました