【ピアノ】「どういう音色を使うか」を徹底しよう

スポンサーリンク
結構高度な作品を弾いているような学習者のケースでも
「音色」の観点が抜けてしまっている演奏は
多く見受けられます。

 

以下の譜例のメロディを見てください。

 

譜例(PD楽曲、Finaleで作成)

あえてさまざまな要素を取り払っています。

気付いた方もいるかもしれませんが、

このメロディは

ラフマニノフ「ピアノソナタ第2番 Op.36 第2楽章 (1931年版)」

の曲頭のメロディ。

 

このように

ピッチとリズムが分かれば

何の曲なのかは特定できますね。

しかし、これだけでは音楽にはなりません。

メロディ以外の要素が

どんな音域で、どんなフィギュレーションで

どんなテクスチュアで

どんなフレージングやアーティキュレーションで

何をやっているのかを知って、

テンポやダイナミクスも加味して、

それでようやく音楽に近づいてきます。

 

しかし、

そのようにして音にしても

「音色」という観点が抜けているならば

まだ音楽にはなりません。

 

リズムとピッチはもちろん、

その他のさまざまな要素を加味したうえで

「今弾いている部分は、どのような音色で表現すればいいのか」

常にこのことを考えるようにしてください。

この問題は

楽曲のいちばんはじめからついてまわることは

わかりますね。

 

結構高度な作品を弾いているような学習者のケースでも

「音色」の観点が抜けてしまっている演奏は

多く見受けられます。

この部分、意識が薄かった方は徹底しましょう。

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました