【ピアノ】演奏していない指に気を配る

スポンサーリンク
打鍵する指と同じくらい、
演奏していない指の状態も重要です。

 

演奏をするときには

「そのときに使う指先を、どう送り込むか」

という観点が必要で、

指先の細かなコントロールなくしては

音色をつくることはできません。

一方、忘れがちなのですが

演奏していない指にも

できる限り気を配ってみてください。

 

◉ 変な力が入って突っ張ってしまっていないか
◉ 極端に折りたたんでしまっていないか

 

特にオクターブ演奏では

力が入ってさまざまな問題が生じやすいので、

人差し指や中指がどのような状態になっているのかを

チェックしてみましょう。

 

オクターブ演奏では

演奏していない指を完全に別のものと考えるのではなく、

「他の打鍵している指と一緒に、オクターブの手をつくっている」

と思うと、演奏はしやすくなります。

ただし、上記のように

極端に力が入ってしまうのは

避けなければいけません。

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました