強弱

スポンサーリンク
演奏方法に迷いやすい記譜

più、meno、pocoがついた強弱記号の強さ関係

♬ più 、meno 、poco がついていると強弱関係がわからなくなる ♬ meno f 、poco f  は mf よりも大きい? ♬ 強弱の相対関係を一覧でながめたい 本記事ではこういった内容を網羅していま...
演奏方法に迷いやすい記譜

【ピアノ】強弱記号の書かれ方が不明瞭な場合の対処法

本記事では、 ダイナミクス記号の書かれ方が分かりにくい例を1つ取り上げて 対処法をお伝えしています。 あらゆる楽曲で 似たような箇所に出会ったときのために 早い段階で学んでおきましょう。 記事の信頼性 ...
譜読み

【ピアノ】楽譜というのは料理におけるレシピ

偉大な作曲家の作品であれば、 「楽譜通りに弾く+α」だけでも +αさえ忘れなければそれなりに立派な音楽が出てくるでしょう。 一方、楽譜を鵜呑みにしてはいけないケースもあります。 その点について今回は解説します。 記事の信頼...
入門者 / 初級者 / 初心者のために

【ピアノ】ダイナミクス記号を全て書き込もう

本記事では、 「ダイナミクスの時間的変化を確実に表現する方法」を解説しています。 初心者にも読んでいただきたい内容です。 ほとんどの楽曲には クレッシェンドやデクレッシェンドが出てきます。 しかし、 こういっ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】伴奏部分の表現の扱い方

本記事では、 「メロディの表現に対してどのように伴奏を扱っていけばいいのか」 という視点を解説しています。 メロディというのは抑揚が分かりやすいので 「歌おう」と思えば、 まずは「メロディを歌うこと」に意識がいきま...
譜読み

【ピアノ】ダイナミクス記号の解釈

本記事では、 ダイナミクス記号を音楽的に捉える方法を ご紹介しています。 音楽辞典などを見ると、 f(フォルテ)は「強く」、p(ピアノ) は「弱く」  などと書いてありますが、 何となく音楽的ではないように感...
練習モチベーション

【ピアノ】ダイナミクス記号の意味

本記事では、 「ダイナミクス記号の意味」について留意点をお伝えしています。 難しくて力強く弾けないパッセージがでてきたら、 「そのパッセージは本当に全ての音をゴリゴリと弾く必要があるのか」 これを考えてみましょう。 例...
脱力

【ピアノ】通し練習の最中に腕がパンパンになってしまう方へ

本記事では、 通し練習の最中に腕が疲れきってしまい 数分の楽曲でも通すことが難しい、 という悩みをお持ちの方へ 改善策をご紹介しています。 2-3分の楽曲でしたらなんとかなっても 7-8分程度の長さになってくると、 ...
譜読み

【ピアノ】楽譜から読み取るべきことは?

本記事では、 楽譜から読み取るべきたくさんの内容の中から、 「遠近感」に絞って「基本のキ」を解説しています。 楽譜には 「聴かせるべき音」や 「控えめに弾いてもいい音」があり、 また、 ダイナミクスや音...
入門者 / 初級者 / 初心者のために

【ピアノ】初心者が練習で心がけておくべきこと、後回しでもいいこと

本記事では、 「(大人の)初心者が練習で心がけておくべきこと、後回しでもいいこと」 これらを、これまでの指導経験からお伝えします。 ここでいう「初心者」とは、 「入門が終わった段階」、 目安で言うと 「ブルグ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】作曲家ごとに「フォルテ」のニュアンスは異なる

本記事では、 「作曲家ごとにニュアンスが異なるダイナミクス記号」 について入り口を解説しています。 私が子供のときに ピアノコンクールで審査員から受けた講評のうち、 印象に残っているものがあります。 その時の...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】誰でもできる「クライマックスの活かし方」

本記事では、 「クライマックスの活かし方」 について解説しています。 クライマックスとは「楽曲の中でのヤマ」ですね。 「クライマックス?じゃあ強く弾けばいいじゃん。」 これでは音楽的な演奏はのぞめません。 「クライマック...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました