【ピアノ】フェルマータとrit.との関係に気をつけよう

本記事では、
「フェルマータとrit.との関係」
それぞれの音楽表現の特徴に目を向けながらみていき、
それらが同時に出てくるときに
演奏上で注意するべきことを解説しています。

 

具体例として

チャイコフスキーの小品を取り上げますが、

他の楽曲でも基本的な考え方は同様です。

 

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

チャイコフスキー「四季 12の性格的描写 10月 秋の歌」

19-21小節目です。

21小節目のフェルマータ(この楽曲一番のヤマ)に向かって

少しrit.をかけてテンポを広げるのが通常です。

一方、

rit.をやりすぎるとフェルマータの表現が活きなくなってしまい、

フェルマータが書かれている意味がなくなってしまいます。

 

フェルマータというのは

本来「一時停止」という意味があるのですが、

その直前のテンポが広がりすぎると

「一時停止感」が生まれません。

 

あらゆる作品で、

こういったメロディの頂点についているフェルマータが登場しますが、

「フェルマータを活かしたいならrit.のかけすぎに注意する」

これを頭の隅に置いておきましょう。

 

音楽表現というのは単独でみるものではなく、

全て繋がっているのです。

 

チャイコフスキー「四季 12の性格的描写 10月 秋の歌」

をさらに学びたい方は

以下の電子書籍を参考にして下さい。

 

◉大人のための欲張りピアノ [チャイコフスキー 秋の歌] 徹底攻略

 

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました