【ピアノ】a tempo にすると音楽がギクシャクしてしまうときに

スポンサーリンク

 

♬ a tempo をするとなんだか不自然になってしまう…

♬ a tempo のやり方って、何種類かあるのかな?

 

このような悩みや疑問にお答えします。

 

【この記事の結論】
◉ a tempoと書かれていても、すぐにテンポを戻さなくてOK
a tempoと書かれているところを起点とし、1-2小節かけて徐々にテンポを戻す方法もある

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

rit.などのテンポ変化のあとに

「a tempo(もとの速さで)」と書かれていると、

言葉通りテンポを戻しますよね。

しかし、

「いきなり a tempo にすると、なんだか音楽がギクシャクしてしまう」

と感じることはありませんか?

解決策があります。

「a tempoと書かれているところを起点とし、1-2小節かけて徐々にテンポを戻す」

という方法。

このやり方は、

特にロマン派などで

アゴーギク表現が大きい作品の場合に有効利用できます。

プロでもいくらでもおこなっていることですから、

どうか、「そんなことしていいの?」などと思わずに。

 

「1-2小節かけてテンポを戻す」

と書きましたが、

実際にどれくらいの時間をかけるのがいいかは

「その楽曲のテンポ」
「rit.をどれくらいかけたのか」

こういったことに影響されます。

したがって、

「1-2小節」というのは目安として考えておき、

ICレコーダーでの録音を聴き返して

自然になる加減を狙っていくのがベストです。

 

もちろん、

「a tempo と書かれているところで、すぐにテンポを戻す」

これが一番の基本ではあります。

しかし、

「すべてで」とは言えませんが

「a tempo と書かれていても、すぐにテンポを戻さなくてOKのところもある」

ということを

頭の片隅においておきましょう。

そうすることで、

いざ困った時に

本記事を思い出せるはずです。

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました