【ピアノ】トリルの演奏で気をつけるべきこと

本記事では、
意外に見落とされがちな
「トリルの演奏で気をつけるべきこと」
について解説しています。

 

注意すべきなのは、

「唐突なアクセント」

です。

 

トリルの時に、

無意識に入りで唐突なアクセントがついてしまっていませんか?

トリルというのは、

あくまで

「減衰楽器であるピアノの特性を補うため、音を持続させる意図」
「装飾的な効果を出す意図」

などといった目的で

書かれています。

 

長く続くトリルの時に

「意図的に入りだけ強調して、あとは控えめにトリルする」

という方法をとることは

時々あります。

一方、

それ以外の多くのケースでは注意が必要。

 

トリル自体を弾くことに一生懸命になってしまい、

トリルの「入り」や「終わり」の処理にまで

気が回っていないケースは

意外に多いのです。

 

「トリルは流れの中で自然に聴こえるように入れる」

これを意識してみましょう。

「流れの中で処理する(前後関係のつじつまを合わせる)」

という考え方は、

「ダイナミクス」

「間(ま)のとり方」

「rit.の仕方」

他、

あらゆる音楽表現にも応用できる

大切な考え方です。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました