【ピアノ】自然なテンポ変化とは?

スポンサーリンク
本記事は、
【ピアノ】テンポを上手く動かすために
という記事の補足的内容です。
読み物的内容ですので、
小休憩(coffee break)として楽しみながら読んでみてください。

 

上記の記事の中で、

「テンポを唐突に遅くしたり唐突に速くしたりするのは、明確な意図がない限り避けるべき」

と書きました。

 

「唐突な変化」「唐突ではない変化」

とはどういったことなのかをイメージするには

以下の例を思い出してみてください。

 

【例1】ブランコ

 

ブランコは一番下につく瞬間に

もっともスピードが出て、

一番高い位置ではもっともスピードがゆるんでいます。

一番高い位置から徐々に加速していく。

これは重力の自然現象に沿っています。

どこかの一箇所で

唐突に止まったりするわけではありません。

 

【例2】バウンドするボール

 

空気がしっかり入っているボールを硬い地面に叩きつけると、

徐々にバウンド量が少なくなっていき、止まります。

これも自然現象に沿っています。

 

【例3】グラスのワイン

 

グラスに入ったワインを回すとき、

外側から回そうとすると勢いがついてきて、

中心が回ったら

もうあまり動かそうとせずに内側を軽く回そうとするだけで

その後も回転が続きます。

これも自然現象に沿っています。

急に回転させようと思ってもムリ。

白いジャケットが赤くなるだけです。

 

【例4】セミのひぐらしの鳴き方

 

セミのひぐらしの鳴き方は

ものすごく滑らかに絶妙なテンポ変化をします。

これも自然現象に沿っています。

「セミのひぐらしの鳴き方はピアノの師匠になる」

とさえ思うほどです。

 

【例5】車の急ブレーキ

 

自然現象に反するのは、

例えば「車の急ブレーキ」。

もし沿っているのであれば

あんなにカラダがつんのめるはずはありません。

 

まとめ

 

繰り返しますが、

「テンポを唐突に遅くしたり唐突に速くしたりするのは、明確な意図がない限り避けるべき」

これは超重要。

そのほうが演奏するあなたのカラダも楽なのです。

 

「集中しない」という意味ではないのですが、

どんな曲の演奏でも自分をどんどん楽な方向へ持っていけるようになるのが理想です。

このブログでも記事にしている、

「解釈の基礎」「呼吸」「脱力」など

さまざま要素が身についてくると

カラダにとって楽な演奏は実現できます。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました