【ピアノ】エコーの表現を見つけよう

スポンサーリンク
本記事では、
「エコーの表現」について解説しています。
様々な楽曲で見られる音楽要素ですので
ぜひ学んでください。

 

本記事で取り上げている作品は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

ラヴェル「前奏曲(1913)」より

譜例(25-27小節目)を見てください。

赤矢印で示した、

27小節目の高く鳴らされる「3度音程の和音」は

「エコー」のようなイメージで。

 

【エコーのパターン】
①メロディなどとは関係なく、別の音域で単発で小さく鳴らされる
②あるパッセージが「同じ形」で尚且つ「小さいダイナミクス」で繰り返される

色々なパターンがありますが、大きくはこの2つに分類されます。

譜例のエコーは、①に該当します。

 

譜例のエコーは、

遠くで鳴っているイメージを持って、極めて軽く演奏すると音楽的です。

このエコーは

オーケストラで演奏するとしたら、

絶対にメロディとは ”別の楽器” で演奏するはずです。

 

イメージしてから音を出すことの重要性は

以前から記事にしていますが、

イメージすることで

打鍵の仕方に無意識のコントロールが入るのです。

したがって、

遠くで鳴っているような音を出すためには

どのように打鍵すればいいかを知っていなくても

無意識のコントロールで

結局は音色を近づけることができます。

少し、難しい話をしてしまいました。

もっと簡単な言い方をすると、

「遠くで鳴っているような音を出したい」

と思いながら、バシン!という打鍵をする人はいません。

反対に、

「すぐ目の前に音像があるような音を出したい」

と思いながら、フワッという打鍵をする人はいません。

イメージは、自分の打鍵の仕方に直結しています。

だからこそ、イメージすることは馬鹿にできないのです。

 

ラヴェル「前奏曲(1913)」について学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [ラヴェル 前奏曲(1913)] 徹底攻略

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました