【ピアノ】ソナタ形式の楽章 : 暗譜の注意点

本記事では、
ベートーヴェンのピアノソナタなどで、
「ソナタ形式の楽章」
に取り組む際の
暗譜のポイント」をお伝えしています。

 

本記事で取り上げている譜例の楽曲は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

再現部は

提示部と「同じ」または「似ている」状態で

始まる場合が多いですが、

再現部ではいずれ「違う方向」にそれ始めるので、

そのポイントをよく理解しておくこと。

ここが「暗譜」の危ないポイントだからです。

 

一つ例を挙げます。

譜例を見てください。

ベートーヴェン「ピアノソナタ第18番 変ホ長調 作品31-3 第1楽章」

「再現部の167小節目」に注意(譜例右)。

うっかり手癖で「提示部の31小節目」(譜例左)

と同じように弾いてしまうと、

提示部に戻ってしまいます。

赤矢印で示した箇所が、

「違う方向」にそれ始めるポイントです。

 

こういう部分は

体で覚えるだけではなく、

頭で整理しておいた上で意識して演奏しないと

クセで間違えてしまう恐れがあります。

ここで提示部に戻ってしまったら、

「弾き直す」

もしくは

「素知らぬフリをして提示部からまた弾く」

このどちらかの手段をとるしか

なくなってしまいます。

「暗譜の危ないポイント」

と書いた理由がわかっていただけたでしょうか。

 

暗譜に関してさらにまなびたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ 暗譜はカンタンに克服できる!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

  1. かっちゃんさん より:

    岸田先生、いつも参考にさせていただいています。

    30年ぶりにピアノを再開しましたが、今悩んでいることがいつも記事になっていて、本当に助かっています。感謝です。

    これからも楽しく拝見させてください。

    • 岸田由美 より:

      ありがとうございます。とても嬉しいです。私が今まで身につけて持っているものを、できるだけわかりやすい形で提供していくつもりです。

タイトルとURLをコピーしました