【ピアノ】フレーズ終わりの音楽的な処理の方法

本記事では、
「フレーズ終わりの音楽的な処理の方法」
譜例付きで紹介しています。
フレージングというのはどんなに易しい曲にもありますので、
まずはこの「キホンのキ」をおさえましょう。

 

本記事で取り上げている楽曲は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

フレーズ終わりの音楽的な処理の方法は

以下の1点です。

作曲者による特別な指示がない限り、
「フレーズ終わりの音」は大きくならないようにおさめるのが基本

 

具体的に譜例でみていきましょう。

ショパン「ノクターン第2番 変ホ長調 作品9-2」曲頭のメロディ

スラーを確認することで、

丸印をつけた「Es音」が

「フレーズ終わりの音」

であることは分かりますね。

つまり、

このEs音が大きくとび出てしまうと音楽的に不自然なのです。

直前の付点4分音符「F音」よりも

大きくなってしまわないように。

 

こういった考え方は楽曲が変わっても同様です。

楽譜をみて

「フレーズがどこで終わっているのか」

見つけましょう。

そのためには、

「作曲家がつけたスラー」

も参考になりますが、

「メロディだけ歌ってみる」

もしくは

「メロディだけ弾いてみる」

といった方法も有効です。

 

一方、この考え方には例外があります。

ベートーヴェン「ピアノソナタ第2番イ長調 作品2-2 第1楽章」58-60小節目のメロディ

sf がついている音に注目してください。

本来はこのDis音は

「フレーズ終わりのように聴こえる位置にある音」

ですが、

ベートーヴェンはsf をつけることで

フレーズ終わりがここよりも先に来るように延長しています。

 

先ほど、

作曲者による特別な指示がない限り、
「フレーズ終わりの音」は大きくならないようにおさめるのが基本

と書きましたが、

ここではsf という

「作曲者による特別な指示」

がありますので

その音に重みを入れて演奏します。

 

ここで何が言いたいかというと、

フレーズがどこで終わっているのかを見つけるためには、

「メロディだけ歌ってみる」

もしくは

「メロディだけ弾いてみる」

という方法をとるだけでなく、

「作曲家による “記号などの指示” も見落とさずに読み取っていく必要がある」

ということです。

 

「フレーズ終わりの音楽的な処理の方法」は

まずはこれだけを意識できれば充分です。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました