【ピアノ】楽曲以外の分析もしよう

スポンサーリンク
本記事では、
「ピアノ演奏に活かせる分析内容」
について話題にしています。

 

分析は、楽曲に対して行うだけでは不十分です。

演奏に活かせそうなあらゆることに対して

分析を行いましょう。

例えば、

「自身の演奏上のクセ」
「自身の使いがちな運指(親指の使いすぎには注意!)」
「自身の選曲傾向」
「日々の練習内容の傾向」
「苦手意識がある楽曲の共通点」
「自身の愛用ピアノのコンディション(調律面 他)」
「憧れるピアニストのレパートリーの傾向」
「一度使用したホールの特徴」 など。

学習者によっては

他にも分析すべき項目が出てくることと思います。

 

「分析して知っておく」ということは

「対策できる」ということです。

こういったことは

普段何となくピアノに向かっているだけでは

気づかないことも多いはず。

知識はどんな時にでも力になります。

分析力を鍛え、

あらゆる項目を分析することで

今より一歩上を目指しましょう。

何もしない場合と比べれば

確実に前進を感じるはずです。

 

「楽曲分析(アナリーゼ)」について学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [音楽理論ナシで楽曲分析入門!]

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました