【ピアノ】細かいパッセージの途中で「音色」を変える方法

スポンサーリンク
本記事では、
「楽譜に書かれていないスタッカートを許される範囲で入れてしまうテクニック」
をお伝えしています。

 

長く続く細かいパッセージの途中で「音色」を変えたければ、

途中から手でスタッカートにしてしまう方法もアリです。

例として、次のような譜例を作りました。

下段は省略しています。

譜例のスタッカートは「演奏法で付けるもの」であり、

実際の楽譜には書かれていないと思ってください。

スタッカートと言っても、

音響を切るわけではなく

ダンパーペダルを踏んだまま手をスタッカートにすることで音色を変える。

空間性のある色彩が生まれ、音が leggiero になるのです。

 

ショパンなどでも、

細かいパッセージの途中でいきなりスタッカートが現れることはありますよね。

この表現についてはこれまでにもお伝えしてきました。

しかしこれまでは、楽譜に書かれているスタッカートの意味を解説しただけでした。

今回は、そういう音色を求めるのであれば、

「楽譜に書かれていないスタッカートを、許される範囲で自ら入れてしまってもOK」

ということをお伝えしたいのです。

こういう奏法は、楽譜を無視していることにはなりません。

プロでもみんなやっていることです。

特に、長く続く細かいパッセージの途中で用いると

味のあるいい効果が出ることが多いので今回ご紹介しました。

 

「スタッカート」について学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ テクニック-基礎と応用- 3冊セット

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました