【ピアノ】指を速く動かすためにも、頭を混乱させる

スポンサーリンク
指が思うように動かない原因は
必ずしも筋肉だけにあるわけではありません。
詳しくは、本記事をご覧ください。

 

【ピアノ】「コルトー」まず取り組むべき楽曲はコレだけ

という記事でも書きましたが、

「コルトーのピアノメトード」の中で

筆者がおすすめする取り組むべき練習課題は、

「4本の指の練習-1本の指を持続(指の均一と独立)No.2a-2e」

この5曲のみです。

 

この5曲は、もちろん「指の独立」の練習ではありますが、

それとともに、

「頭を混乱させる内容である」

という点が大きな特徴。

 

「似ているけど少し異なるパッセージ」を

「高速」で繰り返すことで頭が混乱する。

さらに「1本の指を打鍵したまま」なのでなおさらです。

これは、ハノンなどにはない特徴ですよね。

 

 レベルアップのために欠かせないのは、

「基礎練習の中で、頭が混乱した状態を意図的につくりだす」

ということ。

ハノンは極端な話、

考え事をしていても弾けてしまいますが、

頭が混乱すると簡単なことでもできなくなります。

それをできるようにすることで応用力がつく。

というのも、

実際の楽曲においては単純ではない中で

さまざまなテクニックを求められるからです。

 

ハノンに毎日時間をかけて取り組んでも

なかなか効果が出てこなかったり、

ものすごく腕や指の細い子供が

相当なスピードで指を動かしていたりする状況を見ると、

問題は必ずしも筋肉だけにあるわけではないことが

分かりますよね。

 

ピアノ演奏技法」ジョージ・コチェヴィッキー(著)  黒川 武 (翻訳)  サミーミュージック

という書籍に

以下のような記述があります。

(以下、抜粋)
問題は動き自体にあるのではなく、
指の運動のタイミングをどのようにするかにかかっている。
タイミングは認知と意志の産物であるから、
テクニックの原点が中枢神経にあることは明白である。
(抜粋終わり)

 

この書籍には、

指を動かすことにおいて

筋肉以外の要素がどのように重要であるのかについて

詳しく書かれています。

あわせて参考にしてください。

 

◉ ピアノ演奏技法  ジョージ・コチェヴィッキー(著)  黒川 武 (翻訳)  サミーミュージック

 

 

 

 

 

 

とりあえず2週間、

上記のコルトーの課題に取り組んでみましょう。

ハノンをやっているだけでは分からなかった効果を

感じることができますので。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました