【ピアノ】1日1曲学習、選曲に迷ったらアルバム聴き

スポンサーリンク
毎日1日1曲でいいので
知っている楽曲を増やしてください。
そのときに
どういった作品から取り組んでいけばいいかを
提案します。

 

以前から

未知のピアノ音楽を知るために

1日1曲新しい作品を聴くか弾くかすることを

おすすめしてきました。

 

テーマの作曲家を決めて聴いていくのが

取り組みやすいやり方ですが、

作品数も多く

結局何から手をつけていいか悩む場合もあるでしょう。

 

そんなときにおすすめしたいのが、

「いったん、アルバムをまるっと聴いてしまう」

というやり方。

 

以下の手順を踏んでみましょう。

① 作曲家縛りのアルバム音源をひとつ用意する
② その収録曲全曲の楽譜をIMSLPで用意する
③ 楽譜を閲覧しながら、最低1日1曲聴いていく
④ 全曲が大体わかったら、日常生活でそのアルバムを流しっぱなしにする

 

このやり方のいいところは、

アルバム収録曲なので

多少のマニアックな作品はありつつも

その作曲家の外すべきでない作品も知ることができるという点。

 

以下、もう少し詳細に解説していきます。

 

① 作曲家縛りのアルバム音源をひとつ用意する

 

まずは、CDでもレコードでもサブスクでもいいので

作曲家縛りのアルバムをひとつ用意しましょう。

 

例えば、

「20世紀の偉大なるピアニストたち ~ヴラディーミル・ソフロニツキー」

というCDアルバムには

ショパン縛りのディスク1と

スクリャービン縛りのディスク2がセットになっています。

仮に、

「スクリャービンの楽曲に明るくないから、知っておきたい」

という場合は

そのアルバムをはじから聴いていけばいいわけです。

ちなみに収録曲は、以下のようなラインナップ。

◉ ピアノソナタ 第3番 嬰ヘ短調 Op.23
◉ ピアノソナタ 第9番「黒ミサ」 変ホ短調 Op.68
◉ ピアノソナタ 第2番「幻想ソナタ」 嬰ト短調 Op.19  第1楽章のみ収録
◉ 詩曲「焔に向かって」 Op.72
◉ 2つの舞曲 Op.73
◉ 24の前奏曲 Op.11-16 変ロ短調
◉ 3つの前奏曲 Op.35-2 変ロ長調
◉ 4つの前奏曲 Op.37-1 変ロ短調
◉ 2つの詩曲 Op.32
◉ 8つのエチュード Op.42-3 嬰ヘ長調
◉ ピアノソナタ 第4番 嬰ヘ長調 Op.30

 

4種類のピアノソナタは必ず知っておくべきですし、

その他の小品も

作品番号の浅い分かりやすいものから

ピアノソナタ 第9番「黒ミサ」よりも後に作曲されたものまで

魅力的な作品が集められています。

 

 

 

 

 

 

まずはこのようなアルバムを学習することで

◉ その作曲家における外すべきではない作品がわかる
◉ 大曲と小品をそれぞれ知ることができる

というメリットを享受しましょう。

 

② その収録曲全曲の楽譜をIMSLPで用意する

 

ご存知の方も多いと思いますが、

国際楽譜ライブラリープロジェクト(IMSLP)」

を活用することで

パブリックドメインになっている作品の楽譜を

合法で無料閲覧することができます。

 

上記、①で用意したアルバムの収録曲の楽譜を

すべて集めてください。

 

③ 楽譜を閲覧しながら、最低1日1曲聴いていく

 

IMSLPで集めた楽譜を参照しながら

1日1曲聴いていきましょう。

IMSLPにある楽譜はPDFで手に入るので、

iPadでGoodnotesのアプリに

それらのPDFを取り込んで

気付いたことを書き込みながら

音源学習していくのがおすすめ。

 

もちろん、自分の学習のためだけに使うべきです。

そして、

「これは」と思える作品に出逢ったら

実際の楽譜を購入してください。

 

気になった部分は

実際にピアノで音を出して

確認してみるといいでしょう。

 

④ 全曲が大体わかったら、日常生活でそのアルバムを流しっぱなしにする

 

③までの過程で

アルバムをひと通り学習したら、

それを日常生活の中で

流しっぱなしにしてください。

 

何度か通し聴きしていると

全曲を「知っている楽曲」まで押し上げることができます。

 

はじめから流し聴きしてもいいのですが、

③までの「楽譜を見ながら学習する過程」を通過していることで

より楽曲と親密になることができるということ。

 

何十時間もある作品群を流し聴きしても

結局忘れてしまうのですが、

楽譜学習済みのアルバム単位での流しっぱなしは

記憶に残せるので効果的。

 


 

以上が、おすすめの4ステップ学習でした。

このようなやり方で何枚かのアルバムを

回していくと

知っている作品がどんどん増えていきます。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました