脱力

スポンサーリンク
脱力

【ピアノ】不必要な力みは思考停止を招く

本記事では、 万事の力みが演奏にとってマイナスになる理由のひとつについて コチェヴィッキーが書籍で解説している内容を 紹介しています。 ピアノ演奏において 「脱力すべき理由」「力を使ってもいいケース」などについては...
脱力

【ピアノ】鍵盤で指立て伏せをしない

音への影響がないと感覚的にはわかっていても やってしまいがちなクセを 見直してみましょう。 ピアノの演奏では そのアクションの構造上、 ハンマーが弦を打つスピードを決めるための動作を 打鍵が担います。 ...
脱力

【ピアノ】脱力の肝は、力が停滞している時間をつくらないこと

「力が停滞状態になっていないか」 常にこれを意識しておくと 脱力の目指すべきところがはっきりするでしょう。 演奏中の脱力に悩んでいる方も多いはず。 脱力ができていないと 演奏中に必要以上に疲れてしまったり ...
入門者 / 初級者 / 初心者のために

【ピアノ】初心者向け: 適切な脱力の加減

ピアノ演奏では 力を抜きすぎても入れすぎても うまく弾けません。 初心者に最低限意識しておいてほしい 適切な脱力の加減を解説します。 脱力というと 腕がストンと落ちて 手がぶら下がっている 完全に弛緩...
脱力

【ピアノ】どこが疲れてしまうのかを把握する

「演奏中にどこが疲れてしまうのか」 これを把握すると、 だいたいの原因と解決策が見えてきます。 脱力関連で必ずすべきことは、 「どこが疲れてしまうかを把握する」 ということ。 例えば、 ◉ 前腕...
入門者 / 初級者 / 初心者のために

【ピアノ】初心者向け : せめて最初だけでも身体をラクにしよう

弾き始める前から身体が固まっていたら いっそう問題を深刻にしますので まずはそこから脱力を試みるべき。 具体的なやり方を解説します。 意外かもしれませんが、 脱力だけでは何にもできません。 ピアノを弾くには身...
脱力

【ピアノ】想うだけではなくて、それを音にしよう

脱力は、努力の積み重ね。 学習レベルに関係なく起きがちな「力み」 について解説します。 改善すべきだと考える、 初級者から上級者まで幅広くみられる特徴があります。 それは、 「想いが空回りしてしまっていて...
脱力

【ピアノ】力を入れるのは一瞬だけ

本記事では、 フォルテの音の打鍵における力の使い方を 解説しています。 連日、甲子園の話題で持ちきりですね。 バットでボールを打つ瞬間を見ていると、 「打つ一瞬のタイミングしか力を入れていない」 というこ...
脱力

【ピアノ】脱力って、どうして必要?

本記事は、 「脱力」についてのミニコラムです。 「脱力」という言葉は 耳にタコができるほど聞きますよね。 どうして脱力が必要なのでしょうか? 大きくは以下の点に集約されます。 ◉ 脱力ができていないと...
脱力

【ピアノ】脱力の目的の一つとは

本記事では、 脱力に関連して 演奏(特に弱奏)の時に必要な考え方をお伝えしています。 演奏(特に弱奏)の時に 必要なことの一つとして 「鍵盤からの情報を覚える」 というものがあります。 鍵盤を触って...
脱力

【ピアノ】奏法を安定させるために 上腕編

本記事では、 奏法を安定させるために必要な項目を 3つ紹介しています。 奏法には様々な要素が関わってきますので これだけやればOKといった近道はありません。 しかし、 どんな奏法においても共通する項目を ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】1-5を開く際の留意点

本記事では、 基礎テクニックの一つを見直します。 こういった細かなところを徹底せずに 指だけ速く動かしていても一定以上の効果は上がりません。 上級を目指す方は是非読んでみてください。 両手とも、 「1の指」は「親...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました