【ピアノ】2ジャンル組み合わせたピアノアレンジの作り方

スポンサーリンク
本記事では、
ピアノ編曲に挑戦する方へ向けて
複数のジャンルが混ざった作品を書く場合のポイントを
お伝えしています。

 

このブログをご覧の方の中には

自身でピアノ編曲をされる方もいらっしゃると思います。

先日、

「2つのジャンルを組み合わせたアレンジの作り方」

について質問を受けたので

とっかかりの部分のみを解説します。

 

具体的な音の選び方というよりは

その前の段階の話です。

 

やり方はシンプル。

まず、ほんとうに入れたいジャンルを

”ひとつだけ” 決めてください。

そして、それと合わせられそうなもうひとつのジャンルを

後付けで決めてください。

 

先にひとつのジャンルのみでアレンジを始めるのではなく、

あくまでジャンル選択の仕方のことを言っています。

 

一気に興味のある2ジャンルを決めてしまって

それらを合わせようとしてしまうと、

アレンジの経験がない限りは

うまく結びつけにくい。

 

平たくいうと、

ひとつのジャンルにはこだわりをもって

もうひとつはそれに迎合させるということ。

 

経験が増えるまでは

このようにすると

この種のアレンジにとっつきやすいはずです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました