【ピアノ】やるべきではない演奏テンションの上げ方

スポンサーリンク
やってしまいがちですが、
オーバーアクションでテンションを上げるのは
やめたほうがいいでしょう。

 

演奏中に自分自身のテンションが適度に上がるのは

悪いことではありません。

それも含めて演奏の醍醐味ですね。

ただし、

「オーバーアクションでテンションを上げる」

というやり方は避けましょう。

オーバーアクションというのは

大げさに動作をしたり演技をしたりすること。

 

パフォーマンス的に

やや大げさな動作を入れることは

プロでもやることはありますが、

打鍵済みの鍵盤を

必要以上にいつまでも押し付けたりするようなオーバーアクションは

原則、やりません。

 

このような動作をすることで

一時的にテンションを上げることにはなるかもしれませんが、

その次の動作へ支障をきたしたり

身体への負担になったりとマイナスばかり。

 

打鍵後の鍵盤に対して

不必要な力やねんりきを送り込んでも

音は何も変わらないので、

このようなやり方で演奏テンションを上げている方は

改善してみましょう。

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

この記事を書いた人
タカノユウヤ

ピアノ音楽(ピアノソロ、ピアノが編成に入った室内楽 など)の魅力にとりつかれて、早何十年。
ピアノ音楽の作曲・編曲が専門。
物書きとしては楽譜だけでなく文章も書いており、
音楽雑誌やサイトなどでピアノ関連の文筆を手がけています。
Webメディア「大人のための独学用Webピアノ教室」の運営もしています。
受賞歴として、第88回日本音楽コンクール 作曲部門 入賞 他。

タカノユウヤをフォローする
脱力
スポンサーリンク
タカノユウヤをフォローする
大人のための独学用Webピアノ教室(ブログ版)

コメント

タイトルとURLをコピーしました