【ピアノ】脱力の目的の一つとは

スポンサーリンク
本記事では、
脱力に関連して
演奏(特に弱奏)の時に必要な考え方をお伝えしています。

 

演奏(特に弱奏)の時に

必要なことの一つとして

「鍵盤からの情報を覚える」

というものがあります。

鍵盤を触っているという感覚を持ち、感触を覚える。

そうすることで、

「鍵盤が勝手に上がってくる力がどれくらい存在するのか」
「鍵盤がどれくらい下がっているのか」
「そのピアノのタッチの重さ」

などといった情報を感じとることができます。

その結果、

打鍵の際の細かなニュアンスを

表現することができるだけでなく、

初めて触る本番会場のピアノにも適応しやすくなります。

 

「力が抜けている時の方が、鍵盤の情報を得やすくなる」

これが、脱力をする利点です。

「指先のセンサーを働かせやすくことが脱力の目的の一つ」

とも言えるでしょう。

 

具体的な脱力の方法は

カテゴリー「脱力」にまとめていますので

ぜひ参考にしてください。

 

「脱力」について学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [“脱力”が悩みのあなたへ贈る8つのレッスン]

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました