【ピアノ】脱力って、どうして必要?

スポンサーリンク
本記事は、
「脱力」についてのミニコラムです。

「脱力」という言葉は

耳にタコができるほど聞きますよね。

どうして脱力が必要なのでしょうか?

大きくは以下の点に集約されます。

「脱力ができていないと、うまく動けない」
「脱力ができていないと、姿勢などの見た目にも影響がある」
「脱力ができていないと、手などの故障につながる可能性がある」
「脱力ができていた方が、ピアノが良く鳴る」

 

脱力って、

「いかにピアノの能力を引き出すのか」

ということだと考えています。

「指」は下げるのは楽ですが、上げるのは苦手な動きですよね。

逆に「ピアノの鍵盤」は、

上がるのは自然に上がってきますが、下げるには人間の力が必要です。

ここをどうやって人間の体とリンクさせていくか。

 

こう考えると難しいように感じますが、

「指を必要以上に上げすぎないこと」

まずはこれだけでも意識してみましょう。

【ピアノ】速いパッセージでは指を上げすぎないこと

という記事をあわせてご覧下さい。

 

◉大人のための欲張りピアノ [“脱力”が悩みのあなたへ贈る8つのレッスン]

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました