ショパン

スポンサーリンク
ショパン

【ピアノ】アクセント記号を見たら考えるべきこと

本記事では、 アクセント記号を音楽的に読み取るための アドヴァイスをしています。 アクセント記号というと、 「記号が付けられた音を強調して演奏する」 という意味が広く知られています。 もちろんその認識で良いの...
ショパン

【ピアノ】10度音程のアルペッジョ : 演奏注意点

本記事では、 楽曲で頻繁に出てくる「10度音程のアルペッジョ」の 演奏注意点を解説しています。 本記事で取り上げている作品は パブリックドメインになっている作品です。 出版社が独自につけたアーティキュレーションなど...
ショパン

【ピアノ】ショパンの即興的なパッセージを攻略するコツ

ショパンの楽曲では、 メロディが装飾されて「10連符以上」が出てくることも少なくありません。 一方、こういった連符は「左手との合わせ方」がわからなかったり、 「連符の終わりの部分」がつまってしまったりと、 演奏が難しいパッセージでも...
ショパン

【ピアノ】段階的なクレッシェンドの取り入れ方

本記事では、 「段階的なクレッシェンドの取り入れ方」について、 実例を出しながら解説しています。 「段階的なクレッシェンド」というのは、 グーっとなめらかにダイナミクスを上げていくのではなく、 階段を上がるように段としてあげていく...
ショパン

【ピアノ】ルイサダ氏が公開レッスンで語った「In tempo」の意味

本記事では、ジャン=マルク・ルイサダ氏が公開レッスンで語った「In tempo」の意味を解説しています。 ただ単に「テンポを守って弾く」という意味ではありませんでした。 学びがある内容でしたのでシェアします。 もう随分前のこと...
J.S.バッハ

【ピアノ:独学】ソナチネからショパンエチュード入門までのロードマップ

憧れのショパンのエチュード。 今回は、「約1年間」という期間で 「入門が終わった段階(ソナチネ程度)」から どのような手順を踏めば ショパンのエチュードに接続できるかを解説していきます。 自分で自由に教材を選べ...
ショパン

【30秒で学べる】ショパン「幻想ポロネーズ」ワンポイントレッスン

ショパン「ポロネーズ 第7番 幻想 Op.61 変イ長調」 ワンポイントレッスン! 譜例(Finaleで作成、61-62小節目の右手)
ショパン

【30秒で学べる】ショパン「黒鍵のエチュード」ワンポイントレッスン

ショパン「エチュード(練習曲)op.10-5 変ト長調」 ワンポイントレッスン! 譜例(Finaleで作成、1小節目の左手)
ショパン

【30秒で学べる】ショパン「エオリアンハープ」ワンポイントレッスン

ショパン「エチュード(練習曲)op.25-1 変イ長調」 ワンポイントレッスン! 譜例(Finaleで作成、曲尾)
ショパン

【30秒で学べる】ショパン「革命のエチュード」ワンポイントレッスン

ショパン「革命のエチュード」 ワンポイントレッスン! 譜例(Finaleで作成、7小節目)
アゴーギク

【30秒で学べる】ショパン「別れの曲」ワンポイントレッスン

ショパン「エチュード(練習曲)op.10-3 ホ長調」 ワンポイントレッスン! 譜例(Finaleで作成、曲頭の左手)
ショパン

【30秒で学べる】ショパン「エチュード op.10-4」ワンポイントレッスン

ショパン「エチュード op.10-4」 ワンポイントレッスン! 8小節目は、「右手の下声」と「左手」を組みわせると 譜例(Finaleで作成)のようになります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました