【ピアノ】なぜ「革命のエチュード」のはじめの左手は弾きやすいのか

スポンサーリンク
名曲に出てくる速いパッセージを例に挙げて、
「音楽表現とテクニックとの結びつき」
について学習しましょう。

 

ショパン「革命のエチュード」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、曲頭)

譜例で示した「革命のエチュード」のはじめの左手は

見た目よりも弾きやすいパッセージになっています。

 

この弾きやすさの秘密は

使われている音自体の単純さにもありますが、

もっと注目すべきなのは

1拍ごとに書かれているアクセント。

 

これらのアクセントが書かれていることで

テクニック的に以下のようなメリットがあります。


拍を感じながら弾くことになるので、体内のカウントが安定する

4音ひとかたまりで着地していくので、手の運用も安定する

アクセントの音をしっかり弾き、残りの3音はその動きの中で ”ついでに” 弾くので、
全部が全部を一生懸命弾かなくなる

 

これらのような理由で

弾きやすくもあるわけです。

逆に言うと、

ショパンが書き遺したこれらのアクセントを

見落としたり、軽視したりすると

弾きにくいうえに

音楽自体も変わってしまうということ。

 

原則として

作曲家がアクセントを書いていない限り

各拍ごとにそれを入れるべきではありませんが、

考え方自体は応用する方法があります。

これについては、

【ピアノ】重要でない音を手抜きすれば、速い速度で弾ける

という記事で解説しているので

あわせてご覧ください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました