【ピアノ】自分にとってのベスト練習法を見つけよう

スポンサーリンク
本記事では、
「さまざまな練習方法を演奏に活かすために必要な考え方」
をお伝えしています。

 

今までの指導経験上、

学習者がグンと伸びる瞬間があります。

それは、

「学習者が ”自分にとっての” ベスト練習法を見つけたとき」

です。

 

「自分にとっての」

というところがポイント。

知人のピアニストで

「譜読みさえ終われば、それ以降は通し練習しかせず、部分練習は一切しない」

という方がいます。

通し練習の中であらゆることを調整していくのだそうです。

試してみましたが、

私にとって

この方法は真似できない内容だと感じました。

しかし、

そのピアニストにとってはベストな練習方法。

私には合わなかったけれど、

そのピアニストにとっては力を伸ばせる方法だったのです。

 

私の発信では、

あらゆる練習方法や音楽の捉え方などをお伝えしていますが、

それらを実際に一定期間試してみて、

ご自身にあったものを引き出しに入れてください。

その繰り返しで

自分にとってのベスト練習法を見つけてください。

 

繰り返しますが、

「”自分にとっての” ベスト練習法を見つけること」

これが飛躍的に力を伸ばすポイントです。

 

ピアノ演奏の基礎能力をつけたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ 3冊セット:

 「暗譜」「初見」「左手のテクニック」を克服したいあなたへ!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました