【ピアノ】アフタービートの演奏法

本記事では、
「アフタービートの演奏方法」を解説しています。
アフタービートは、
「ラグタイム」などではもちろん、
「ラヴェル」などクラシックの作品にもよく出てくる要素です。

 

以前にラグタイムの項目でも解説した内容ですが、

加筆しながら再度ご覧に入れます。

アフタービートは、ただ裏拍にアクセントをつけるのではなく、

「次の拍へ向かうエネルギーが発生する」

という点が特徴。

つまり、

譜例の場合は

「2→3」「4→1」

というエネルギーが発生するので

演奏の際にも

それらの繋がりを意識して打鍵する必要が出てきます。

そうすることで

単に強調した場合と比べて

音楽が前に進む力を持ってくれます。

 

さらに、

アフタービートに近い表現として

ショパン「エチュード(練習曲)op.10-3 ホ長調」

を取り上げます。

 

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

譜例(Finaleで作成、曲頭の左手)

譜例のように、

「原曲」では8分音符毎にアクセントがつけられています。

(3小節目以降は同様にという意図で省略されていると考えられます。)

アクセントが何故ついているのか考えたことはありますか?

「アクセントがついている音からフレーズが始まっている」

ということです。

そうすると、音楽のアゴーギクも見えてきますね。

アクセントがついている音から各拍頭に向けて音楽が進み、

各拍頭でショートフェルマータ。

すると勝手に音楽的なアゴーギクができています。

 

ラグタイムについてまなびたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [クラシック畑のあなたに!ラグタイムピアノ演奏法]

 

ショパン「別れの曲」についてまなびたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [別れの曲] 徹底攻略①

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました