【ピアノ】同音連打で「手首の回転を使う」とは「親指を根本から使うこと」

スポンサーリンク
本記事では、
「親指のみの同音連打における手首の使い方」
について解説します。

 

具体例で見てみましょう。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

 

ショパン「24のプレリュード 第15番 雨だれ Op.28-15 変ニ長調」

譜例(PD作品、Finaleで作成、64-67小節)

ここでの右手では

親指で同音連打をしていくことになりますが、

指先の上下だけで弾くのではなく

「わずかな手首の回転とともに、親指を根本から動かすようなイメージ」

をもって打鍵してください。

余分な大きな動きをつけずにこの動作ができる加減を

探ることになります。

 

よく、

「 “同音連打で” 手首の回転を使う」

という言い方を目や耳にすることがあると思いますが、

これというのはつまり

平たく言うと、親指を根本から使うこと。

 

親指というのは手首と直結しているので、

根本から使おうとすると

阻止しない限り

自然にわずかな手首の回転を伴うことになる。

反対に、

同音連打において

親指を使わないところで手首を使おうとしても

指の運動と手首の運動が一致せず

ムダな手首の運動になってしまいます。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました