【ピアノ】カデンツァの演奏ポイント

スポンサーリンク
本記事では、
古典派やロマン派の作品などを中心に度々登場する
「カデンツァ」の演奏ポイントを解説しています。

 

古典派の作品やショパンなどでも、

楽曲の途中で「小音符」になって

カデンツァ風のパッセージが現れたりしますよね。

たくさんの例がありますが、例えば、

モーツァルト「ピアノソナタ ニ長調 K.311 (284c) 第3楽章」

などでも登場します。

この作品では、

ピアノソロ作品であるにも関わらずカデンツァが登場することで

協奏曲のような雰囲気が出ています。

 

カデンツァの演奏では、

「比較的自由ではあるけれども完全に自由にしないこと」

これを考慮すべきです。

この作品のカデンツァでは、

モーツァルト自身が

「4分音符」「付点4分音符」「8分音符」「付点8分音符

「16分音符」「32分音符」「装飾音符」

といったように様々な音価を書き残すことで、

カデンツァでありながらも大づかみのリズムは伝わってきます。

したがって、

自由さを持ちつつも

「拍の大づかみの感覚」

は持って演奏した方が得策です。

そうでないと音楽の骨格が歪められてしまいます。

 

作品よっては

音価が明確に書かれていなかったりと

カデンツァの大まかなリズムがわからないものもあります。

その場合でも、

「どこまでが区切りなのか」

というのを

ご自身の判断でも構いませんので

決めておきましょう。

そうすることで

万が一途中で暗譜が飛んでしまっても

復帰できるポイントを作ることができます。

 

モーツァルト「ピアノソナタ ニ長調 K.311 (284c) 第3楽章」

を学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ モーツァルト ピアノソナタ K.311 徹底攻略 3冊セット

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました