【ピアノ】打鍵した直後の脱力

本記事では、
「脱力」についておさえるべき基本事項を
一つ取り上げています。

 

「脱力」の習得にあたっては

さまざまな方面からアプローチする必要がありますが、

今回はそのうち、

「打鍵した直後」

の話をしたいと思います。

 

「脱力」といっても、

実はピアノ演奏において

脱力するだけでは何もできません。

力を使う瞬間はあってもいいのです。

改善すべき問題となるのは、

その力をずっと入れっぱなしにしてしまうこと。

 

次の点を確認してみましょう。

「打鍵をし終わっても指では鍵盤を押さえておくとき、
打鍵した時の力をしっかりと開放してあげていますか?」

例えば、ショパン「バラード第1番」の

一番最初の2分音符など。

例は山ほどあります。

 

鍵盤が戻る力というのは強くなく、

鍵盤をおろしておくには

本当にわずかの力を使うだけで済みます。

それをずっと力一杯押さえつけておく必要はありません。

また、

録音してみるとはっきりわかるのですが、

力を開放してあげた方が、

伸びている音がよく飛んでいくのです。

特にフォルテ以上のダイナミクスの時に顕著です。

 

長い音価の音では、

「打鍵した直後に力を開放してあげること」

これを意識してみましょう。

そうすることで、

先ほど書いたように

「音質」にとっても、

「身体への負担の軽減」という意味でも

プラスになります。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました