【ピアノ】「テンポ」と「トリルの入れ方」との関係に注意

スポンサーリンク
本記事では、
テンポ設定と関連して考慮が必要な
「トリルの入れ方」
について解説しています。

 

特に「緩徐楽章」のときに注意が必要なのですが、

同じ楽曲であっても

テンポがゆっくりの時と

やや速めに演奏する時とでは

トリルの入れ方が変わってきます。

 

テンポをやや速めに設定したにも関わらず、

ゆっくりの時と同じ数のトリルを入れてしまうと

その部分だけ音楽が広がりすぎて

音楽的に分断されてしまいます。

だからと言って、

トリルを入れるスピードを速くしてしまうと

音楽の性格自体に影響が出てしまいます。

例えば、

ゆるやかなカンタービレの楽曲で

いきなり「ズダダダダ」と急速トリルが出てくると

不自然ですよね。

 

つまり、

「最初に譜読みをする段階で、最終的に仕上げたいテンポを考慮してトリルの入れ方を決定しておくことが理想」

と言えます。

もしくは、

譜読みが終わってからでも

トリルの入れ方を再調整する勇気を持つことが

必要となります。

 

少し高度な考え方ですが、

トリルの入れ方で

音楽がギクシャクしてしまわないためにも

頭の片隅に入れておいてください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました