ペダリング

スポンサーリンク
レガート

【ピアノ】ペダルに頼りすぎずに運指でレガートへ肉薄するのが原則

ペダルに頼りすぎず、運指でレガートへ肉薄すること。 そして、その運指を見つけるのを簡単にあきらめないこと。 詳しくは、本記事をご覧ください。 ダンパーペダルに頼ることで 手は離してしまっても 音をつなげることが...
ペダリング

【ピアノ】同音連打をサポートするペダリング

「同音連打をサポートするペダリング」 という観点を踏まえながら あらゆる部分の譜読みを進める必要があります。 ダンパーペダルの使い方には さまざまなものがありますが、 弾き直し、つまり同音連打をサポートするペダ...
運指

【ピアノ】書かれている運指が合わないのに、出来るまで頑張らない

本記事を通して 「書かれている運指が合わないのに、出来るまで頑張らない」 ということを腑に落として 練習へ向かって欲しいと思っています。 楽譜に書かれている運指は 基本的に研究されたうえで書かれているので、 ...
テンポ関連

【ピアノ】「ペダルによる濁り」と「音楽の流れ」のどちらを優先するか

ゆるやかなテンポの楽曲において 濁りにあわせて細かくペダルを踏みかえることで 音響がクリーンになることは間違いありません。 しかし、 それがあまりにもひんぱんだったり テンポが少し速めだったりすると フレーズがブツブツして ...
ペダリング

【ピアノ】ペダルでバスをどこまで伸ばすかの実例解説

「ペダルでバスをどこまで伸ばすか」 ということは 音楽表現と直に結びついており、 重要な視点と言えるでしょう。 本記事では、 作品の断片を使って 楽曲理解をするところから含めて やや細かく解説をしていきます。 具...
ペダリング

【ピアノ】1/4ペダルを活用すべき条件の3点セット

本記事は、 【ピアノ】濁ってしまうけど使うべき「つなぎペダル」を成立させる方法 という記事の補足的内容。 ペダルはONとOFFのスイッチではありません。 1/4ペダルのような微妙な加減を使いこなすことが 演奏に幅を与えてくれま...
ダイナミクス

【ピアノ】なぜ、subito p の直前には一瞬の時間が必要なのか

以前から、 「subito p になるときには、直前で一瞬の時間を使う」 というテクニックについて触れてきました。 本記事では、 なぜそのようにすることが効果的なのか、 また反対に、subito f にするときはどうなのかにつ...
ペダリング

【ピアノ】 K.U.シュナーベルによるテンペストのペダリングの補足解説

K.U.シュナーベルが 教則本の中で提案しているペダリングのひとつについて その意図などを補足解説します。 「ペダルの現代技法―ピアノ・ペダルの研究」 著 :  K.U.シュナーベル  訳 :青木 和子  / 音楽之友社 ...
スタッカート

【ピアノ】ペダルの効き方をスタッカートで確かめておこう

本記事で紹介している内容をやってみると、 ハーフペダリングを取り入れるときの足先と耳の感覚を 鋭くすることでき、 また、ペダリングの深さによって どれだけ多彩な表現を得ることができるかについて 引き出しを増やすことができます。...
ペダリング

【ピアノ】金管楽器の合奏のような雰囲気を出すために

ピアノという楽器で 金管楽器の合奏のような雰囲気を出すためには、 各音のデュレーション(音の長さ)に注目すべきです。 「ピアノ奏法の基礎」著 : ジョセフ・レヴィーン  訳 : 中村菊子 / 全音楽譜出版社 という書...
ペダリング

【ピアノ】濁ってしまうけど使うべき「つなぎペダル」を成立させる方法

濁ってしまうけど使うべき「つなぎペダル」を成立させる方法は、 ハーフペダルを使うこと。 その中でも、1/4ペダルで薄く踏むこと。 詳しくは、本記事をご覧ください。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は...
ペダリング

【ピアノ】モーツァルトの定番ロングトリルは、ハーフペダリングで

モーツァルトの定番の 「ロングトリル + アルベルティバス」 のところでは、 1/4ペダルを使うといいでしょう。 詳しくは、本記事をご覧ください。 「モーツァルトがしょっちゅう使う、定番のロングトリル」 と言って...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました