【ピアノ】「音を切らないスタッカート表現」とは?

本記事では、「音を切らないスタッカート表現」について解説しています。
スタッカートにも様々な役割がありますので
是非ふまえておきましょう。

 

注 : 本記事で譜例を取り上げている作品は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

「ショパン : ノクターン第1番」を例に出しましょう。

次の譜例(1-2小節目の右手)を見てください。

「スラースタッカート」に注目してください。

これを「音を切る」という意味で解釈してしまったら、

曲想に全くあわなくなってしまいます。

ダンパーペダルを使用して音は繋げて、

手は「スラースタッカート」で演奏することで、

「音はつながっているけれど軽い空間性のある音にしたい」

という意図があると考えられます。

ダンパーペダルを使用して手でレガートにするのと、

ダンパーペダルを使用して手はスラースタッカートにするのとでは、

出てくるサウンドが大きく異なります。

作曲家は、「切ってください」という意味ではなく、

「軽い空間性のある表現が欲しい」

という意味でもスタッカートを使用する可能性があることを

覚えておきましょう。

 

つまり、

ダンパーペダルを使用した状態での

「スラー+スタッカート」もしくは「スタッカート」は

「音色操作(トーンコントロール)」の意図

と言えます。

 

仮に、譜例の箇所でスタッカートを無いものとして

「テヌート」で音を出してみてください。

音色が全く変わってその違いに驚くはずです。

こういった細かいところを丁寧に表現していくのが、

レベルアップの大きなポイントです。

 

ラヴェル「水の戯れ」などで、
「水をイメージした空間性のある音」で演奏したいときなどでも応用できます。
ダンパーペダルを使用しながらも、
あえて手は「ノンレガート、バロックのタッチ」で演奏すると
曲想にあった雰囲気が出てきます。
どれくらい取り入れるかは奏者さんによる解釈次第ですし絶対ではありませんが、
是非引き出しに入れておきましょう。

 


 

譜例で取り上げた、

ショパン「ノクターン第1番」を更に学びたい方へ

「大人のための欲張りピアノ」シリーズ ショパン 有名ノクターン 徹底攻略 3冊セット

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました