【ピアノ】種類多すぎ!スタッカート記号とアクセント記号を整理しよう

本記事では、
種類の多さゆえに譜読みをする上で混同しがちな
「スタッカート記号」と「アクセント記号」の整理方法について、
ピンポイントアドバイスをしています。

 

参考図を見てください。

(Finaleで作成したものです。)

上段は「アーティキュレーション記号」としての

アクセントやスタッカートに関連するものです。

下段は「発想記号」としてのものです。

もちろんこれらは

比較的多く見られる記号の一部ですので

全てではありません。

 

すでに

「こんなに多いのか…」

などとため息をつきたくなりますよね。

いや、むしろため息をついているかたは立派です。

中には、

「とりあえずなんとなく短く切る」

「とりあえずなんとなく強調する」

などと、

それぞれを同一視している方も

多いのではないでしょうか。

 

(再掲)

図からわかるように、

「音を短く切る」という意味の記号だけをとってみても

様々な種類があります。

そこで、

それぞれ

「どう長さのニュアンスが違うのかどうか」

また、

「音の長さのことだけを示しているのではなく、
記号にアクセントの意味も含まれているのかどうか」

などを整理しておきましょう。

 

音楽の入門者を対象に書かれた解説書などだと、

全てを一括で

「強く」

「その音を強調する」

「短く切る」

などと

おおざっぱな分類しかされていないケースもありますので

注意が必要です。

そして、その書かれ方のニュアンスも解説書によって異なります。

 

また、

国によってもややニュアンスが異なります。

例えば、

カッセルで長年研鑽を積んでいた演奏家から伺った話では、

ドイツの先生の多くは

sf 

「一段階ダイナミクスをあげる」

と指導することが多いようです。

「 mf なら 

「 なら ff

といったように。

 

ここまでいろいろと書いてしまいましたが、

結局のところ、

記号の意味に100%の正解はなく

専門家の中でも考え方が異なるのです。

ですので、

ご自身で一冊音楽参考書などを用意し

その「一冊集中」で整理しておく方法がベストでしょう。

ポイントは、

いろいろな参考書から情報をバラバラにとってくるのではなく、

「一冊の参考書からとってくる」

ということ。

そうすれば、

情報の出どころが整理されて

整合性を保った学習をしていくことができます。

 

私自身は

「ニューグローブ世界音楽大事典」

をバイブルにしていますが、

入門向けすぎず、かつご自身が使いやすいと思うものであれば

基本的にどの参考書や辞典でもokです。

 

譜読みでは、

今回取り上げたような

「似ているけど異なる」

といったまぎらわしい記号の情報なども

細かく読み取っていきましょう。

 

譜読みに関して

別の観点から解説した以下の記事も参考にしてください。

【ピアノ】譜読みで読み取るべき5つのポイント

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました