【ピアノ】緩徐楽章のテンポの決め方

スポンサーリンク
本記事では、
決め方に迷うことが多い「緩徐楽章のテンポ設定」について話題にしています。

 

先日、

【ピアノ】楽曲全体のテンポ配分を考えて

という記事で、

メリハリをつけるためにも

「速いテンポの箇所で遅くなりすぎないように」
「遅いテンポの箇所で速くなりすぎないように」

ということを取り上げました。

これは、緩徐楽章の演奏にも言えることです。

ただ、その前提として、

「テンポが変わらない部分のテンポ設定」はどうすればいいのでしょうか。

 

まず知っておいていただきたいのが、バロック時代における原則です。

「1楽章の4分音符の刻みを、そのテンポのまま8分音符にして緩徐楽章を演奏する」

このようにすると楽章間もテンポの関連づけができる。

「倍のテンポ」というのはバロック時代の原則。

これはもともと、私が指揮者の先生から習ったものです。

これに則らずに演奏している録音もたくさんありますが、

まずはこのようなテンポの決定方法があるということは知っておきましょう。

 

そして、古典派以降のあらゆる時代にも共通するのが、

「その楽曲の中で一番音価が細かいところを基準にテンポを決定する」

というやり方。

緩徐楽章はテンポが緩やかな傾向はありますが、

だからこそ「64分音符」なども入ることがあり、

真っ黒な緩徐楽章の譜面も見たことがあるはずです。

そういった細かな箇所で

「音が入り切らずにテンポが遅くなってしまった」

という風には聴こえてしまわないようにしたいのです。

一番音価が細かいところを基準とし、

そのテンポを他の箇所にも使用します。

そうすると、

同じテンポの中で出てくる

あらゆる音楽表現を無理なく演奏できるテンポが見つかります。

 

もちろん、テンポ自体がチェンジされて速くなる場合は

新たにテンポを設定する必要があることはいうまでもありません。

 

この決め方は、緩徐楽章に限った話ではないのですが、

緩徐楽章というのはテンポの決定において問題が生じやすいために

ある一定のテンポの決め方を採用した方が

ギクシャクした演奏にならずに済むのです。

 

関連記事として、

【ピアノ】仕上げのテンポ設定に迷ったら

もお読みください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました