【ピアノ】ためるべきではない箇所とは?

スポンサーリンク
本記事では、
ためてゆっくりしないほうがいい箇所の例を一つご紹介しています。

 

本記事で取り上げている作品は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

ショパン「幻想即興曲」譜例(35節目)を見てください。

1拍目にある右手の跳躍で、ためてゆっくりしている演奏がよく聴かれます。

右手のフレージングのこともあり、

もちろん間違いとは言いません。

仮にここでの左手が無かったらとしたら、それで大正解です。

しかし、左手もある場合は別の考え方もできます。

左手に着目してください。

小さい丸をつけた和音よりも、大きな丸をつけた和音の方が音価が長く音域も広い。

明らかに大きな丸をつけた和音の方により重みが入ります。

このような時には

前半でゆっくりしてしまわずに

大きな丸をつけた和音にノンストップで入った方が強いエネルギーが入るため

より音楽的であると言えます。

考え方の一つとして参考にしてください。

 

幻想即興曲について学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました