【ピアノ】作曲家によるテンポ指示は目安程度に

スポンサーリンク
本記事では、
作曲家自身によるテンポ指示を話題にしています。
どこまで参考にすればいいのでしょうか。

 

この話題を取り扱うにあたって

楽曲例を挙げます。

ショパン「エチュード(練習曲)op.10-3 ホ長調」

日本では「別れの曲」として

あまりにも有名な作品ですよね。

 

この作品の最初にテンポ指示がありますが、

何と書いてあるか知っている方はいらっしゃいますか。

作曲者によるテンポ指示は

あまりにも速すぎるのです。

「別れの曲はこれくらいのテンポで演奏される」

などと私たちの中に

慣例のようなものが入ってしまっているからこそ

速すぎると感じるのかもしれませんが、

それにしてもせわしないのです。

(ちなみに、ゴドフスキーは別れの曲を編曲するにあたり、

テンポを下げて指示しています。)

 

作曲家が指示したテンポというのは

作曲家の意図を絶対的に反映しているものと思いきや、

作曲家による自作自演の録音を聴くと

(ショパンはありませんが…)

自身で書き込んだテンポとは全く変えて演奏していたりする例もあります。

 

やはり、

参考程度にするしかないでしょう。

また、

ツェルニーの練習曲の場合は

参考というよりは

「一種の到達目標点」

と考えるのが得策。

ツェルニーによるテンポ指示を見ると

かなり速い設定になっていますよね。

(編集者がテンポ指示をチェンジしている版もあります。)

そのテンポで弾こうとすると、

その楽曲にやっとこ取り組んでいる段階ではムリ。

スポーツをやっているわけではありませんから、

テンポ指示は到達目標点と考えて

もう少しテンポを下げて一度形にするといいでしょう。

 

最後にワンポイントアドヴァイス。

「作曲家によるテンポ指示は目安程度に」

とお伝えしてきましたが、

それは決して「無視して良い」ということではありません。

私自身の指導経験上、

多くの学習者は

テンポ表示を見てすらいないのです。

CDなどで聴いて大体のテンポを知っているからか、

何となくのテンポで弾き進めてしまう方を

多くみてきました。

この記事のはじめに、

「別れの曲」のテンポについて

「何と書いてあるか知っている方はいらっしゃいますか」

と問いかけたのは

そういった理由もあります。

確認すること自体は

省略してしまわないようにしましょう。

 

譜読みについて学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [譜読みに強くなる14のポイント]

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました