【ピアノ】テンポキープは立派な基礎技術

スポンサーリンク
本記事では、
「テンポキープ」「インテンポ(in tempo)」
に関する話題を取り上げています。

 

以前に指揮者の先生に伺ったところによると、

「まずは、インテンポの中で色々なことができる」

というのが

一人前の指揮者の条件だったとのことです。

 

ピアノ演奏でも同様です。

自分自身が指揮者。

インテンポであっても、

◉ アーティキュレーション
◉ ダイナミクス
◉ 音色
◉ 声部ごとのバランス

など工夫できることは他にも

たくさんあります。

 

「テンポをキープする能力」

というのはそれ自体、

基礎技術の一つなのです。

それができたうえで

他の音楽要素も工夫できるように

慣れておくことは大事。

 

実際の演奏では

バロックであれ、古典派であれ、

「自由なテンポ」が好まれるようになってきています。

しかし、

譜読みの段階から崩してしまうのではなく

楽曲の骨格を理解してから

自由に演奏することが必要であると言えるでしょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました