【ピアノ】暗譜をすると失うもの

本記事では、
「暗譜をすると失うもの」
について解説しています。

 

暗譜をすると得られるものと同じくらい失うものもある

これは、

とあるピアニストが

月刊ピアノのインタビューで語っていた言葉です。

「失うもの」が何かは具体的に語っていませんでしたが、

おそらく、

「わかったつもりになっていて忘れてしまっている細かなニュアンス」

のことも含まれると思います。

 

暗譜をしている楽曲であっても

時々楽譜を見直してみると

「こんな記号書いてあったんだ」
「ここでスラーが切れているのは忘れていた」

などと、

たくさんの発見があるはずです。

暗譜した結果

楽譜から完全に離れてしまうと

これらのような発見はありません。

こういった部分が

「失うもの」

とも言えるでしょう。

 

暗譜をする段階になっても、

時々楽譜をながめ返してみる姿勢は

忘れずにいたいですね。

 

暗譜についてまなびたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

「大人のための欲張りピアノ 暗譜はカンタンに克服できる!」

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました