【ピアノ】「手首を柔らかく」の意味に注意

本記事では、
ピアノレッスンでよくきかれる指導コメントのうち
誤解されがちな内容を取り上げています。

 

ピアノレッスンでよくきかれる、

「手首を柔らかく」

の意味を取り違えている生徒が多いように感じます。

「弾くたびに手首でいちいち上へ抜いていく」

と思っている方は多いようです。

しかし、このような弾き方では

その都度フレーズが切れてしまいます。

「仮にダンパーペダルで音自体は繋がっていても」です。

録音してみると、

音がフワフワしてしまっているのが

分かると思います。

 

手首を柔らかく動かす箇所も

時には必要です。

しかし、

「全部手首で抜けばいいんだ」

などと勘違いしないようにしましょう。

 

ワンポイントアドバイスとしては、

「手首を柔らかく」

と言われたら、

「打鍵した後、鍵盤をおさえている間、
手首に力が入ったままになっていないか」

この点をチェックしてみましょう。

弾いた後も固めておいたままだと

音質にも、手への負担にも、

悪影響が出る場合が多いのです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました