【ピアノ】本番で弾かない曲を暗譜する利点

スポンサーリンク
本番で演奏する曲は
多くの場合、暗譜をすることになりますが、
本番で弾かない曲でも暗譜する利点があります。

 

その利点とは、

とうぜんのことではありますが

「楽曲を深く理解できる」

ということ。

 

楽譜を見ながらであればおおむね弾けるようになっている状態と

暗譜で弾けるようになっている状態とでは

学習到達段階がまったく異なります。

 

◉ 細かな音楽表現
◉ 繰り返しのときに、どこが同じでどこが変わっているのか

などをきちんと理解していないと

暗譜では弾けません。

 

暗譜ができるようになるために

たくさん弾き込んだり

忘れたところを覚えるために工夫を凝らしたり

そういった過程の中で

楽曲の理解は深まります。

楽譜に張りついているだけの練習で終わらせる場合とでは

理解度に圧倒的な差が出てきます。

 

取り組む楽曲すべてを暗譜する必要はありません。

しかし、

仮にそのときは本番で弾かないとしても

勉強になる楽曲、深く知りたい楽曲などは

一度、暗譜までもっていってみましょう。

非常に多くの恩恵を受けることができます。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました